2014年06月26日

自分たちのサッカーという幻想  2敗1分けという現実

2014年6月25日、日本代表はグループリーグ2敗1分けという成績で、ブラジルの地を去る事になった。

選手の多くは欧州のクラブに所属し、ビッグクラブと呼ばれるチームに所属する選手も数名いる。以前では考えられない、過去最強の日本代表という呼び声高いチームだった。

実際、W杯直前までのパフォーマンスには素晴らしいものがあり、W杯出場を世界で1番に決め、テストマッチでは、オランダ・ベルギー・フランス・イタリアなどのFIFAランク上位の強国と互角以上にやりあい、直前合宿でのテストマッチでもW杯出場国のコスタリカに3−1で勝利。仮想コートジボアールのザンビアに4−3で勝利など上々のパフォーマンスを見せていた。
当然目標はグループリーグ突破、前回大会以上のベスト8が現実的な目標となる。しかし、本戦に入り状況は一変する事となる。

■ドイツW杯との類似点

初戦のコートジボアール戦、本田の豪快なゴールが決まり日本は先制した。
ゲームの入り方を観た感想としては、選手の動きが重く、パススピードも遅いと感じていた。これは苦戦しそうだなと思ったが、予想外の日本の先制で、自分の思い違いかなと安堵していた。
初戦は絶対に負けられない試合なので、これは良いスタートだなと思ったが、しかし後半コートジボアールの怒涛の攻撃で日本は逆転され初戦を落としてしまった。

初戦を落とした日本代表は、2戦目のギリシャ戦で勝利を目指したが、ボール試合率で70%近くを記録するが、一人退場したギリシャの守備を崩せず0−0の引き分け。

勝利が絶対条件のコロンビア戦で、すでに決勝トーナメント進出を決めメンバー8人を入れ替えてきたコロンビア相手に1−4で大敗してしまった。

この3戦の中でもっとも問題だったのは、コートジボアール戦での点の取られ方で、ドログバ投入からチームが混乱、わずか2分の間に、まったく同じパターンで2失点を喫して逆転されてしまったところだ。

この展開を見てドイツW杯のオーストラリア戦を思い出したのは私だけではないだろう。

中田英寿、中村俊輔という欧州で活躍する選手に、小野伸二などの黄金世代を擁し、最強の日本代表と呼ばれたあのチームがどの様な形でドイツを去ったか、サッカーファンなら忘れる事はできない。

ドイツを戦ったジーコジャパンも、攻撃サッカーを志向する点でザックの作ったチームに似ている点が多々ある。

中田・中村という二枚看板が攻撃を担い、小野、稲本、高原、小笠原などの黄金世代といわれる実績のあるスター選手が揃っていたジーコジャパンと、本田、香川というスター選手に欧州クラブに所属する多数の選手が揃ったザックジャパンは似てはいないだろうか?

また、日韓W杯と南アフリカW杯ではベンチメンバーにベテラン選手をあえて入れていたが、ジーコとザックはベテランを選ばなかった点も似ている。

W杯直前のテストマッチまでは強豪ドイツと引き分けるなど好成績だったが、本戦に入って失速し、初戦のオーストラリア戦で先制しながら、わずか5分の間に2失点し逆転負け、2戦目のクロアチアにスコアレスドロー、3戦目のブラジル戦で1−4大敗で2敗1分けでドイツを去ったところもそっくりだ。

■南アフリカW杯との違い

4年前の南アフリカ大会でベスト16までいったチームから、4年かけて強化したチームはなぜ前回大会を上まわれなかったのか?

ドイツ大敗の反省から、Jリーグジェフを強豪に押し上げた名将イビチャ・オシムを監督に迎えスタートした南アフリカ大会の日本代表も、攻撃を志向するチームではあったが、ジーコ時代の選手のイマジネーションに頼る不確実なサッカーから、全員が走りながら考えるというフィジカルをベースにしながら日本人の特徴に合ったチーム作りを進めていた。
しかし、オシムの病気退任により、後任をフランスW杯監督を務めた岡田武史とし再スタートを切るトラブルがあり厳しい船出となった。

岡田ジャパンもW直前までは攻撃的なスタイルで勝利を目指したが、本戦直前のテストマッチで結果が出ず、現実路線に修正し守備的戦術で本戦を戦うことを決意、結果ベスト16という成績を得ることに成功した。

しかし結果は出たものの、選手たちは、”攻撃的にやったらどの程度やれるのか?”を知りたいという欲求を強くもっていた。これについては過去のチームでも同じジレンマを抱えており、マイアミの奇跡のアトランタ五輪の西野ジャパン、北京五輪の反町ジャパン、日韓のトルシエジャパンの時も同じような感情を一部の選手が語っていた事は新聞・雑誌の取材などでも語られている。

多くの選手が欧州クラブに所属して、個々に自信をつけてきた今だからこそ、攻撃的なチームでブラジルW杯を戦うことは必然だったのだろう。

■なぜ結果が出なかったのか?

ではなぜ今回のチームは望んだ結果を出せなかったのだろうか?

私が思うには、全ての想定が甘かった事が一番の原因ではないかと思っている。
対戦相手の強さ、ブラジルの気候、ピッチコンディション、自分たちのパフォーマンス、W杯という真剣勝負の厳しさ、”自分たちのサッカー”への過信。

”自分たちのサッカー”が出来れば結果は出ると、私たちファンでさえも思っていたのだから本人たちはそれ以上に信じていたに違いない。本田、長友などは優勝まで公言していたのだから、日本代表が世界の強豪国と互角にやれると思っていたのだろう。
実際彼らは、それぞれのクラブで日常的に代表クラスの選手たちと戦い、その実力の差を感じられる環境にいる。

W杯本戦までの日本代表の戦いぶりも、良いときは本当に素晴らしいサッカーで世界に賞賛されるサッカーが出来ていた。
攻撃サッカーを身上とするだけに、2点取られても、3点取れるチームであり、実際に結果も残してきた。しかし、その影でうまくいかなかった試合の事をないがしろにしていなかっただろうか?。

親善試合、コンフェデレーションズカップでブラジルに大敗したこと。イタリアと良い勝負(4−3で敗戦)をした後でメキシコに勝てなかった事。欧州の中堅国セルビア、ベラルーシに負けたこと。アジア予選で引いた相手の守備を崩せなかった事・・。

最強の日本代表といわれても、解決されない問題点はいくつもあったのだ。
毎試合のように得点を奪われる守備陣や、引いて守られたら得点を奪う方法を持たない攻撃陣。
作り出した決定機の数に対する得点の少なさ。
セットプレーからの得点の少なさと、相手のセットプレーからの失点の多さ。

今回の2敗1分けという結果は、これらの悪い点を解決してこなかった事による、必然だったのかもしれない。

■残る疑問

私には今回の大会において疑問として残る部分がいくつかある。

@なぜFWのファーストチョイスは大迫だったのか?
Aなぜ遠藤は最後までジョーカーだったのか?
Bなぜギリシャ戦でパワープレーを選択したのか?
Cなぜギリシャ戦で香川は先発から外されたのか?
Dなぜ大久保がチームの軸の様な扱いになったのか?


4年間の集大成として望んだ大会で誰がスタメンで起用されるかは重要だ。特に初戦の重要度はこれが全てといえるほどだろう。その試合で先発に選ばれたFWは大迫だった。

大迫の特徴はオールマイティに全てをこなす器用さにあると私は思うのだが、少し慎重すぎる人選ではなかったか?
ボランチが山口・長谷部、DFに今野ではなく森重というのも攻撃を売りにするチームとしては消極的に映る。

このいつもとは違う違和感が、チームの勢いを殺した要因のひとつではないだろうか?

遠藤をジョーカーとして使う戦略は、いままで何度か成功しているので大きな問題には映らないが、このチームの心臓ともいえる選手を、ギリシャ戦の様な守備的なチームでかつ、負けられない試合で先発で使わないという選択は理解しにくい。

また、初戦の出来が悪かったとはいえ香川のような特別な選手をスタートから使わない選択も分からない。香川のような選手は常に相手にとっては脅威であり、この選択が相手に余裕を与えた事は予想できる。
そのギリシャ戦も、10人になった相手の守備を崩せず最後は吉田を前線に残すパワープレーに終始。日本代表は今までパワープレーで結果を残したことはほとんど無いチームであり、パワープレーを選択するのであればなぜ鳥栖の豊田をメンバーに入れなかったのか?非常にチグハグで納得のいかない選択だった。

そして大久保の扱いについてだが、確かに大久保個人の働きは良いものがあった。Jリーグ得点王としての能力は疑い様の無いものだし、今回出場した試合では危険な場面を何度か作り出していた。しかしまずは4年間かけて作ってきたチームがあり、その集大成としての大会なのだから、もっとも良いコンビネーションを出せるメンバー構成、ポジションで行うゲームが観たかったというのが本音だ。

大久保が入ることで岡崎が慣れない左に入ったりすることが、このチームの最大のパフォーマンスを出すことになるとは思えないのだ。

■自分たちのサッカーという幻想

選手たちが口々に言っていた「自分たちのサッカー」とは、その悪い部分に目をつぶって、良い部分しか見ない事と同義だった。

サッカーという相手のある戦いで、互いに相手の良さを消し合う戦いで、「自分たちのサッカー」を自由に表現することが困難であることを忘れてしまったツケを今回は払わされてしまったのだ。

「自分たちのサッカー」とは「日本人の能力を最大限に発揮できるサッカー」と言う意味だ。これを目指すことは間違いではない。しかし今回のように「自分たちのサッカー」=「自分たちのやりたいサッカー」ではダメなのだ。

いつの時代の代表でも、理想を追う攻撃陣と、現実的な守備陣のバランスの上に成り立っている。しかし日本のマスコミが作り出す”スターシステム”では本田の様な多くを語るスターが必要になり、その発言力はチームの方向性にも影響するほどになっている。

本田の語る理想が、選手の個の力を上げ、日本代表の攻撃力を上げたことを否定はしない。しかし、一選手の理想が「自分たちのサッカー」として扱われてしまう現状は正しい状態ではないだろう。

多くの選手が嫌った、岡田ジャパンの守備戦術も、規律や適応力の高い日本人に合ったサッカーであり、そう言う意味では「日本人の能力を最大限に発揮できるサッカー」だったと言える。

つまり自分たちに合うサッカーが、自分たちが楽しいサッカーだけとは限らないのだ。


日本代表として戦うことは、勝利を目指す事である。ザックと一緒に作り上げた攻撃サッカーもあと少し足りないところを補えば完成に近づくのかもしれない。しかし、試合の中でうまくいかない事はこれからも起こるだろう。そんな時、理想としているスタイルを捨てて、勝利のためなら、ためらいなく守備的システムに切り替える。きれいに繋げないなら泥臭く貪欲に得点を狙う。相手の流れなら相手の嫌がることをやったり、ファールをもらったり、プレーを遅らせて一時的にゲームを壊す。そしてただ勝利だけ目指す。そんな勝負強くしたたかな日本代表になってほしい。

やはり自分たちの代表が勝つところが私たちは見たいのだ。



サッカー ブログランキングへ
posted by Ryon at 22:31| Comment(7) | TrackBack(0) | 日本代表2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月28日

継続する被災者支援とサッカーファミリー

2012年12月25日と26日、ふたつの東日本大震災復興支援チャリティマッチが行われた。
一つはなでしこジャパン澤選手企画の”なでしこ&ヤングなでしこ&JリーグOB”の対戦。そしてもう一つは、日本プロサッカー選手会(JPFA)企画の”東北にゆかりのある選手が集まった「東北ドリームス」&海外組が中心となった「JAPANスターズ」”の対戦だ。

国立競技場で行われた、なでしこのチャリティマッチはテレビで観戦したが、JPFAの方は仙台ユアテックスタジアムで行われたので、スタジアムで観戦した。

チャリティマッチというと、どこかお祭りの様な楽しいムードを想像するが、なでしこの方はかなりガチな展開で非常におもしろいゲームだった。
このゲームで楽しみにしていたのは、ヤングなでしこの試合がもう一度見られるという事だった。
年代別の代表は、年代別W杯が終われば解散して、あとはA代表などで一部の選手を見る事しかできなくなる。それ故にヤングなでしこをチームとしてもう一度見られるのはかなりうれしい事だった。

前半は「なでしこVSヤンなで」の試合だったが、このゲームの前半はかなりガチで、しかも”ヤンなで”が”なでしこ”を押しまくるという展開でスタートした。”ヤンなで”の選手たちにしてみれば格好のアピールの場であり、もっとも力を発揮できるチームだったと思うのでこの対戦は願っても無いものだったのではないだろうか。

チャリティマッチは短時間で沢山の選手が入れ替わるので、最終的には経験で勝るなでしこが勝利したが、田中(陽)や猶本などクオリティのある若手を見るのは非常に楽しかった。

後半の「なでしこVSJリーグOB」の試合は、松木さんがメンバーに入っている時点で、楽しい・従来のチャリティマッチを想像していたが、敗けず嫌いなラモスさんの存在がそれを許さず、こちらもかなりガチなゲームになった。OBチームは当然運動量には難があるが、技術的には見どころがあり、しかも随所に遊び心が感じられるところが流石だった。

26日に行われたJPFA主催の方は完全にお祭りタイプのゲームだった。

全体的に見れば、長谷部や乾などの海外チーム所属選手がいるJAPANスターズがクオリティで上回っており、ゲームとしての緊張感は皆無だったが、ゲームに出ていない内田や長友、またはハーフタイムに表れたタッキー&翼の歌など、単純にお客さんを楽しませたいという気持ちがみられて、それはそれでうれしかった。
しかし、当日は寒波の影響でとんでもなく寒く(おそらく冷蔵庫の中よりも寒かったと思われる・・)、ゲーム自体に緊張感が無いのは、スタジアムで見ていた人には少々きつかったのではないだろうか。

最後は今季限りで引退するゴン中山選手のゴールで美しく終わるという演出通りの終わり方だと思うが、前日のガチな試合を見た後だと、もう少し熱くなれるような試合が見たいなという気持ちも感じられた。
まあ、テレビで見るならこういう試合も十分楽しめると思うが。


今回の2つのチャリティマッチを見て、自分が大好きなサッカー(関係者・選手)が、東日本大震災の復興支援を継続的に行っていることに感激した。サッカー関係者が「サッカーファミリー」という言葉をよく使うが、まさにファミリーという感じで、選手も関係者も被災者を支援していこうとする姿勢が美しいと思う。

どんな形でも良いので、来年も、再来年もずーっと続けてほしいイベントだ。



サッカー ブログランキングへ
posted by Ryon at 00:14| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

ガンバ大阪J2降格に思う

Jリーグ 2012年シーズンが終了した。優勝はサンフレッチェ広島で、12/6から始まるFIFAクラブワールドカップ2012への出場権を獲得した。
また、来年のACL出場権が得られる2位にはベガルタ仙台、3位は浦和レッズに決定した。

今年のJリーグは終盤まで混戦で、特にACL出場権が得られる3位にはサガン鳥栖、横浜Fマリノス、柏レイソル、名古屋グランパスなども絡み、多くのサポーターが最後までハラハラしながら応援していたのではないだろうか。

特に広島、仙台、鳥栖などのJ2経験のある地方クラブの躍進は特徴的で、他の地方クラブや下のカテゴリーのクラブなどにも希望を与える素晴らしい活躍だったと思う。

クラブ規模や代表選手の有無などを考えれば、上記の3チームより優れたクラブはたくさんある。しかし、広島、仙台、鳥栖の躍進は、監督または、監督を交代する場合でも、コーチの昇格などチームコンセプトを継続することで結果を残す事が可能という事を示した。

また対照的なのはガンバ大阪やヴィッセル神戸で、代表選手や元代表選手などを多数抱えていながら、チームコンセプトの継続性を無視したような監督交代で、本来の力を発揮することなく降格してしまった。

特にガンバ大阪はなぜ西野監督を変えなければならなかったのか?、なぜその後釜がJリーグでの監督資格を持たないロペスだったのか?、不明な点が多すぎた。
ロペスが監督として使えないとわかりブラジル人監督のセホーンが就任したが結果が出ずに更迭。その後も経験の浅い、ガンバOB松波が監督に就任するが結果はご存じの通りだ。

過去にも浦和やFC東京、そして広島など十分すぎるほどの戦力を持ちながらJ2に落ちて行ったチームはある。しかしそれらのチームはJ1に上がって来てからはより強くなった様に感じられる。

柏や広島の様にJ2でチームを固めてJ1で結果を出すチームがあるのだから、ガンバほどのチームであれば決して不可能な事ではないように感じられる。しかし、なぜJ2に落ちたのか?ガンバとはどんなチームなのか?をもう一度明確にした上でさらに継続性を重視したチーム作りをしていかなければJ1に上がることも、またすぐに結果を出すことも難しいのではないだろうか。

地方クラブでも優勝できる可能性がある、今の状況も面白いのだが、お金のある都市部のビッククラブが強いという状況も同時にあったほうがリーグ全体としてはより面白い状況といえるので、ガンバにはより強くなってJ1に帰ってきてほしいと思う。

ビッククラブを地方クラブが倒す”ジャイアントキリング”。これもサッカーの醍醐味の一つだから。



サッカー ブログランキングへ
posted by Ryon at 01:56| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月16日

サッカー日本代表 高まるチーム力(日本 2−1 オマーン)



2014年サッカーW杯ブラジル大会 アジア最終予選、日本はアウェーで、オマーン相手に2−1で勝利した。
この勝利により日本の勝ち点が13で、5点で追う2位オマーン、オーストラリアを大きく離して、W杯出場に大きく近づいた。

日本とオマーンの力関係だけで考えれば負ける相手ではないが、現地の暑さと、直前にしか合流できない選手が多数いる状況は不安材料で、過去を考えても中東での試合は常に苦戦している。

今回のゲームでも、一番の問題点は暑さとコンディションの様に感じられた。
全体的に見れば日本の方がゲームを優勢に進めていたが、オマーンもかなりきわどいシュートを何度か放っていた。
ホームのオマーンとしては何としても勝ちたい試合だが、力関係を考えれば慎重にゲームを進めるのでは?とも予想していたが、実際にはかなりの運動量で序盤からプレスをかけてきた。

通常であればゲーム終盤まで運動量が落ちないのが日本のストロングポイントだが、現在の日本の主力選手は寒い気候のヨーロッパから集まって来ており、この暑さはかなり厳しかっただろう。

特にロシアから来た本田は、マークが厳しかった事もあるが動きに精彩を欠いていた。

今回の試合では怪我で香川が招集されていなかったが、岡崎の復帰、清武の存在感によりそれほど影響は無かった様に思う。香川が特別な選手であることに疑いの余地はないが、日本代表には似たタイプで高いクオリティの選手が複数存在するので、この様なネガティブな要因でも、「他の選手の経験値を上げる事ができる」と考えればポジティブに感じられるのではないだろうか。


この暑さの中で、日本代表の獲得した得点が2点とも流れの中からのものであることを考えると、現在の日本代表の力は、過去のどの代表より高そうだ。そして、2点目は選手交代した後での得点だけに、控えの充実、ベンチワークの巧みさもうかがえる。

次のヨルダン戦で勝利すればW杯本選への出場が決まるが、今回、中東での試合を経験したことでより勝利の確率がより上がったのではないだろうか。


次の試合で本戦出場を決定して、残りの試合を控えの充実や戦術の徹底など、チーム力を上げる事に使えるように願っている。出場も決まっていないうちから本選の話をするのはどうかとも思うが、現在のアジアにおける日本代表のレベルはそういうところまで来ている。日本は世界のトップグループが見える位置まで来ているのだ。

人気blogランキングへ
ブログパーツ
posted by Ryon at 02:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本代表2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月08日

仙台、優勝争いに踏みとどまる(仙台1−1C大阪)

J1第31節 仙台 対 C大阪は1−1引き分けで終了した。

負傷者、退場者そして監督の退席処分と荒れた試合になったが、それぞれ優勝と降格がかかる重要な試合であるため仕方がないかなという印象だった。
ゲームの内容は、総合的に見れば引き分けが妥当という気もするが、惜しいシュートが多かった仙台に、もう少し決定力があれば早い段階でゲームを決めることが可能だったのではないだろうか。

また、この試合では、審判がゲーム内容にかなり影響を与えていた。非常に細かくジャッジする審判で、リスタートの位置や負傷者(演技の様な人も含めて)の対応など、流してもよさそうな所もキッチリ止めて対応していた。
その対応が必ずしも悪いわけではないのだが、この試合に限ってみると仙台に不利に見えるようなタイミングが多かった。このスタジアムで何度も試合を見ているが、今回ほど審判のジャッジに対するブーイングが多かった試合はなかったように思う。
しかし、これはC大阪の方が”したたか”だった事を表しているのだろう。初優勝をめざす仙台の方がナイーブだった。

ゲームの進め方や攻め方を見ている感じでは、C大阪の方が攻撃的で将来性のある良いチームという印象を受けた。
仙台は、ボールポゼッションに重きを置いた攻め方をしていたが、攻撃が中央に集中し、また決定的な場面でボール扱いに拙さもあり、相手を完全に崩す事はできなかった。それに対しC大阪はスピーディにサイドに展開する攻撃が機能しており、うまく攻めていたのではないだろうか。ボールの扱いのうまさやイマジネーションを感じさせる選手も多く好印象だった。

C大阪の得点は文句のないカウンター攻撃から柿谷のセンスを感じさせるものだったが、得点後は、露骨な遅延行為などが多くみられ、スタジアムは異様な雰囲気となっていった。
前半がC大阪寄りに見えるジャッジが多かっただけに、審判も得点後の遅延行為に次第に厳しくジャッジするようになっていた。
播戸の2度目のイエローは少し厳しいかなという感じもしたが、ここまでのジャッジから考えると、最後に審判がバランスをとった結果かなと感じた。
そのチャンスを仙台は生かし、ロスタイムに同点とし辛うじて勝ち点1を拾うことができた。

最高の結果にはならなかったが、ゲームの展開から考えればまずまずかなという気がする。しかし、優勝するにはまだ足りないものがあるようにも感じた試合だった。


人気blogランキングへ
ブログパーツ
posted by Ryon at 23:17| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月31日

残り4試合 勝ち点55 得失点差3 

2012年のJリーグも残り4試合となった。
現在の首位は広島で勝ち点55、そして2位が仙台で同じく勝ち点55、得失点差3で追っている。
3位の浦和は勝ち点49、4位の清水が勝ち点48と優勝するには少し厳しい状況だが、広島・仙台が圧倒的に強いというわけではないので、まだあきらめるには早いか。

広島も仙台もリーグタイトルは獲ったことがないので勝てば初優勝という事になるが、自分は仙台を応援しているので是非仙台に優勝してもらいたいと思っている。

正直なところ、自分はそれほど熱心にJリーグを見ていないので現在の広島・仙台のチーム力にどれほどの差があるかはわからない。しかし昨年唯一スタジアムで観戦したのが広島・仙台戦でその時の印象から考えると、若干だが広島が攻撃的で良いサッカーをしているかなという印象だった。(ただしその時の試合は0−0引き分けだったが)

今年の成績を数字からみる限りではほとんど互角という感じがするが、仙台の方が引き分けが多い。
昨年直接見た時の仙台の印象も、相手に押されている状況でも、非常に粘り強く耐えるチームという感じで、その部分が引き分けの多さにつながっている様な気がする。

震災が現在の仙台の強さに影響していることは間違いない。以前から引き分けの多いチームではあったが、以前の引き分けと、現在の引き分けでは大きく意味が違うように感じているのは私だけだろうか。

以前の「勝ちきれない」チームから「負けない」チームへ。今の仙台は多くの人々の希望なのだ。

次節ホームのC大阪戦、微力ながらスタジアムに応援に行く予定だ。仙台の頑張りを目に焼き付けてこようと思う。


人気blogランキングへ
ブログパーツ
posted by Ryon at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by RSSリスティング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。