2007年12月31日

今年最後の

何故かは判らないが、アジア杯以降少しずつサッカー熱が冷めていき、徐々にブログ更新が滞ってしまった。
しかし、サッカーニュースなどには毎日目を通していたし、試合があれば録画もしていた。仕事の関係で生でTVが見られなかった事が最大の要因だった事は間違いないが、日本代表があまり刺激的では無いと感じていたのかもしれない。

いや、刺激的では無いというよりも、順調すぎてつっこみ所があまり無いという方が正しかったか。

オシムが創ろうとしていた日本サッカーのスタンダードは、可能性を感じさせるものだった。
豊富な運動量をベースに、パス&ムーブを基本とした日本人にフィットしそうなサッカーだ。

フィニッシュの部分でまだまだ改善の余地があったが、おそらく解決策をオシムは持っていただろう。オシムの退任により最終形が一生見られないことが残念でならない。


日本代表はオシムから岡田に引き継がれた。しかし、岡田の志向するサッカーがサッカーの質においてオシムを越える可能性はかなり低いのではないだろうか。

オシムと岡田では世界を知る為の経験値が大きく異なる。オシムが目指すサッカーでは”リスクを恐れず攻撃する”という事が一つのポイントだったが、それも世界基準を知っているからこそ出来ることで、どこまでのリスクが可能かという基準が明確になっていて初めて指導できる部分でもある。

国内リーグでの優勝経験はあるものの、W杯3連敗という実績だけでは、到底オシムのレベルには届かないだろう。

選手のレベルを考えれば、W杯アジア予選は誰が監督になっても、勝つ確率の方が高いだろう。アジアのレベルは年々上がっている事は事実だが、確実に日本よりも強いといえる国はほとんどないと思う。

岡田監督でもW杯予選を通ることはそう難しくない様に感じる。全く戦術的な指導をしなくても本戦まで行けたジーコ時代を考えれば、オシムが作り上げた強固な土台と、リーグ優勝の経験だけでも十分戦えるのではないだろうか。

だが、その反面、岡田ジャパンが、W杯本戦で世界を驚かせる事は難しい様に思う。本当の意味で世界を経験していない監督なのだから、この部分で期待できないのは仕方がないことだろう。

微かな望みは、解説者時代に多くの海外サッカーに触れたことで新しい引き出しが増えている事だが、どうだろうか?


人気blogランキングへ
ブログパーツ
posted by Ryon at 00:20| Comment(5) | TrackBack(0) | 日本代表2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

クラブW杯 ACミランが優勝 浦和は3位 



日本で行われているクラブW杯は、欧州王者ACミランの優勝で幕を閉じた。

各大陸王者が世界一を賭けて戦う大会にも見えるが、実際には世界一レベルの高い欧州リーグのチャンピオンに各大陸のチャンピオンが挑戦する大会というのが正しい見方だろう。

今回の大会を振り返れば、
欧州>南米>アジア>アフリカ>北中米カリブ>オセアニア
という実力順という事になるのだが、実際には
欧州>南米>アジア=アフリカ=北中米カリブ>オセアニア
というのが正しい見方ではないだろうか。

個のレベルでは南米も劣らないのかもしれないが、そこには将来性という要素が含まれており、その原石たちも最終的には欧州リーグで磨かれる事で輝きを増して行くというのが今のサッカー界の流れだ。

カカのような選手もブラジルから欧州に渡り経験を積んだ事で今の価値になっているのだと思う。


大会のスタイルや価値については人それぞれに感じることはあるだろうが、今回のACミランのように欧州チャンピオンが高い意識で望んでくるのであれば世界のサッカー界にとっては計り知れない意味がある大会で有り続けるだろう。

南米のクラブにとっては、欧州でトップクラスの選手はほとんど南米の選手達であるというプライドを満たす機会になるし、アジアやアフリカなどのクラブは世界最高レベルを知る機会になる。
オセアニアも、世界に挑戦する為に必要なレベルがどの程度なのかを知ることができる。

サッカー界の底上げになる大会だろう。

今回アジアチャンピオンとして大会に参加した浦和にとっては、世界一のレベルを体感する良い機会になったはずだ。しかも、アフリカ王者に勝って大会3位で終えることが出来た事もポジティブな結果だろう。
次の目標は南米のクラブのレベルに近づく事だろうか。


来年はACLに日本からは3チーム参加する事になる(浦和・G大阪・鹿島)が、なんとかアジアチャンピオンになってもらい今回のような素晴らしい体験を私たちに提供してもらいたい。

日本のクラブが世界に挑戦している姿を見ることは、我々サッカーファンにとって、この上なく心地よい体験となった。


人気blogランキングへ
ブログパーツ
posted by Ryon at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外サッカー2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

大逆転V 鹿島10冠達成!

鹿島アントラーズが6年ぶり5度目のリーグ制覇とともに、悲願の10冠を達成した。

浦和、G大阪2強と思われた今年のJリーグを制したのは、開幕5戦白星無しでスタートした鹿島アントラーズとなった。

柳沢、本山などの経験豊富な選手に加え、有望な若手選手も育ってきており、良いチームになりつつあるとは思っていたが、まさか優勝するとは思わなかった。

鹿島の優勝にけちを付けるわけではないが、この優勝の側面として他チームの自然脱落という印象も若干残った。

本命の浦和はACLの激闘、日本代表選手を多く抱える事からの蓄積された疲労・怪我。G大阪もナビスコ決勝までの戦いや浦和同様に日本代表選手を多く抱えるという事情。

それと比較し、鹿島にはA代表選手がいない事、小笠原の途中加入などがプラスの要因となり良い結果となったのではないだろうか。

来シーズンには中田浩二が加わる可能性もあり、海外経験選手が3人になりチーム力は上がりそうだが、その反面ACLへの挑戦、日本代表監督交代による新たな代表選手招集などの負担も増えそうだ。

名門鹿島の復活、ACLへの挑戦は日本サッカー界に更なる上昇をもたらす事になるだろうが、選手層を厚くする事無くして成功はあり得ないので、今後のチームの対応にも注目だ。


人気blogランキングへ
ブログパーツ
posted by Ryon at 08:53| Comment(2) | TrackBack(0) | Jリーグ2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by RSSリスティング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。