2008年03月31日

もう一度問う「これがベストの選択か? オシム後任岡田氏へ」


「これからはおれのやり方でやる。
(敗戦は)高い授業料だったが、これで吹っ切れた」
「劇的に何かを変えるのはリスクが大きかった。
我慢してきたこともいろいろあった」
「人につくようなディフェンスは本来、ぼくはやっていなかった」

バーレーン戦後の岡田日本代表監督の言葉である。

正直、オシムから岡田監督に代わった時、自分の中ではかなり優先順位の低い選択肢だと思っていた。その理由としては、そのサッカースタイルがオシムが目指していたと思われるスタイルとはかけ離れていると感じていたからだ。たとえリーグでの優勝経験や代表監督の経験があったとしてもだ。

しかし、岡田武史が監督業から離れている間にも世界のサッカーは変化しており、その間に解説などをしながら、外からサッカーを見てきただろう岡田氏も当然変化しているはずという”ささやかな希望”が、岡田監督誕生を容認する希望のようなものだった。

オシム監督の後任が岡田監督に決まったとき、小野剛技術委員長はその理由を、@オシム監督の土台を大切にそこから積み上げられる人物、A強力な求心力、リーダーシップを持っていること、Bコミュニケーションがとれること、の3点とした。

しかし、バーレーン戦を見た後で、またその後のコメントを聞いた後でこれら3つの条件を一つでも満たしていると言えるだろうか?

日本代表を応援するサッカーファンはみな日本の勝利を切望している事は間違いない。しかし、それと同じくらい「オシムが目指した日本化された日本代表」が見たかったと思うのだ。

たしかに岡田監督が就任当初語った「オシムのサッカーはオシムにしかできない」は間違いではない。しかし、そのオシムのコンセプトやエッセンスを継承せず、放棄し、完全に岡田色を全面的に押し出すというやり方は政治家で言えば公約違反のようなものではないのか?

私は11/28に書いた「これがベストの選択か? オシム後任岡田氏へ」の中で、オシムと同等の経験を持つ外国人監督に変える事を主張した。オシムに復帰の可能性があるなら反町監督や大熊コーチの内部昇格の方がまだ良いと思っていた。

バーレーン戦の翌日、U23日本代表チームはアンゴラA代表を相手に良いサッカーを展開した。そのサッカーの中にオシムサッカーの片鱗を感じた人もかなりいたのではないだろうか?。

正直なところ、バーレーン戦のような内容は2度と見たくないし、また過去の岡田サッカーのような堅実なカウンターサッカーも見たくない。今後のスケジュールでは6月までW杯予選は無く、その期間でA代表の岡田化は進むものと思われる。しかしその結果が日本化の後退であった場合、もはや取り返すことが困難になる可能性もある。

私は、5月に予定されているキリンカップの内容によっては岡田監督の更迭を考え、反町監督の兼任にするべきと考える。そうすればU23とA代表の融合がスムーズに進み、オリンピックでのオーバーエージの融合もスムーズに解決できる可能性がある。それらはオリンピックでの好成績と、オシムの考えた日本化により近い進化となる気がするのだ。(更に何らかの形でのオシム復帰の可能性を残す事にもなる)

ブラジルではA代表監督のドゥンガが五輪代表監督も兼任しているし、過去には日本でもトルシエ監督が同じ事をやっていた。
決してあり得ないという話ではないだろう。


人気blogランキングへ
ブログパーツ
posted by Ryon at 11:03| Comment(5) | TrackBack(0) | 日本代表2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

進歩していない日本代表 バーレーン1−0日本


■今後を占う大事な一戦

2010年サッカーW杯南アフリカ大会アジア3次予選・グループ2、バーレーンvs日本は、ホームで戦うバーレーンが日本を1−0で下しグループ首位に立った。

日本にとってはグループ最大の敵とのアウェー戦という事もあり、3次予選で一番重要な試合だったが、勝ち点を奪うことができなかった。

今回はかなり長い準備期間もあり、スケジュール的には万全に近いものがあったが、しかしながら、主力選手の相次ぐ怪我により、岡田監督が当初思い描いたようなチームは作れなかったと思われる。

私がゲーム前に気になったポイントは、システムが3−5−2となったこと。CBが中澤以外は、阿部・今野というCBが本職ではない選手で構成されたこと。不動のメンバーだった遠藤が先発ではなかった事の3点だった。

3−5−2からは勝利と同じくらい引き分けでも良いというメッセージが含まれている様に感じたが、CBには守備力よりも展開力に優れる選手を起用した事で、攻撃的に行くというメッセージにも見えた。
また、遠藤ではなく山瀬を選択した点もより攻撃的な印象を与えた。

アウェーでの最大の敵と戦うチームとしては、目指すスタイルや目標が中途半端に感じられ、正直どうなるのだろう?という感じだった。

岡田監督に代わってからの日本代表は、W杯予選のタイ戦や東アジア選手権などの公式戦をすでに戦っているが、Jリーグのシーズン前だったり、主力選手の怪我などで満足な状態で試合を行った事がなかった。その結果選手の底上げや新戦力の発掘などにはプラスになったが、岡田監督の目指すサッカーの形はほとんど見えなかったのが実状だ。

ある程度の準備期間を取ることができた今回の試合が、今後を占う大事な一戦となると私は感じていた。


■進歩していない日本代表

バーレーンとのアウェー戦を見ていて感じたのは、いったいどんなサッカーがしたいのか?というほどのスタイルの無さ。そして、オシム時代の財産である”走る”・”繋ぐ”というプレーが見る影も無いほど失われている事への落胆だった。

W杯予選は勝ち点を取ること、勝つことがもっとも大切で、内容は二の次という考え方もあるかもしれないが、それではジーコ時代と何ら変わらない。時間帯によっては内容を放棄して結果を求めることを否定しないが、ゲームを通してその様な姿勢であってはならないと思うのだ。

多くの攻撃的な選手でチームを構成していながら、攻撃の形を提示できなかった岡田ジャパンに明るい未来を感じられなかったのは私だけだろうか?


この敗戦がW杯出場危機に直結するとは、まだ思わないが(まだ十分挽回の余地があると思う)しかし、内容よりも結果を重視した(と思われる)戦い方で負けた責任は重大だとも思う。

サッカー協会は岡田監督の後任人事も考えておく必要があるのではないだろうか?

サッカーファンはジーコ時代から多くのことを学んでいるのだから。

人気blogランキングへ
ブログパーツ
posted by Ryon at 10:14| Comment(3) | TrackBack(0) | 日本代表2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by RSSリスティング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。