2008年10月18日

危機感が薄い岡田監督

今日は職場(本屋)の棚卸しで徹夜になるので(とはいっても、棚卸し業者がカウントして、私はただ終わるのを待っているだけなのだが・・・)、非常に時間があるので久しぶりにブログの更新してみる事にした。

やはり書きたい事は日本代表についてなのだが、W杯最終予選が始まってからの日本代表について書いてみる。


現在の所、初戦のバーレーン戦(アウェー)を3−2で勝利、第2戦のウズベキスタン戦(ホーム)を1−1引き分けという成績なのだが、まだ負けていないという事でそれほど大きな批判はされていない。

アウェーでの勝利については結果としては良いと思うが、やはり終盤に取られた2失点を見逃すことは出来ない。

攻撃的に行く場面での失点なら仕方ないと思うが、この試合では3点先行した後での2失点であり、無難に試合を終わらすことが出来ない守備の危うさを露呈したと言える。

攻撃的な意識の強い闘莉王という選手がいることが、守備の綻びとなっているような気がする。
闘莉王の能力に疑いの余地はないが、チョットした気の緩みや集中力の欠如、守備と攻撃の意識の切り替えなどはもう少し直していかないと今後も同じ様な事が起こるのではないだろうか。


グループ最下位のウズベキスタンをホームに迎えての第2戦は、何が何でも勝利するべき試合だったと思う。

岡田監督が目指しているサッカーは高い位置でのプレッシングからボールを奪取して素早い攻撃に転じていくサッカーだと思うが、そのやり方自体は否定されるものではないだろう。
しかし、メンバー構成についてはかなり疑問に感じる。

新しい選手や若い選手を使う事が悪いとは言えないが、しかし急ぎすぎているような印象を受ける。香川、岡崎、興梠、彼らは現時点で巻や佐藤(寿)を越えていると言えるのだろうか?。

経験よりも将来性という不確かなものに頼りすぎてはいないだろうか?

またこの試合でも得点が欲しい終盤をパワープレーに賭けていたが、稲本という攻撃力のあるMFを途中投入しておきながら、DFである闘莉王が前線に上がりっぱなしになり、結果稲本が守備をしなければならないという非効率的な攻めになっていたのが気になった。

チームとしてこの戦い方を選択したのか、闘莉王の独断でこの様になったのかは判らないが、これもパワープレーという不確かな攻め方に頼りすぎているギャンブル的な采配の結果と言えるのではないだろうか。


岡田監督は今後の試合に進退をかけて臨む心構えの様だが、私としては今回のウズベキスタン相手のホーム引き分けという結果は、更迭されてもおかしくない結果ではないかと思っている。

勝ち点だけで考えればまだまだ悲観するようなものでは無いが、ホームでグループ最下位の相手だからといって新戦力を3人も試しているような危機感の薄い監督では、今後も取りこぼす試合が出てくるのではないだろうか。

人気blogランキングへ
ブログパーツ
posted by Ryon at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by RSSリスティング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。