2010年06月06日

今のやり方で、何かを残せるか?

今さら球際がどうとかなんて感想はない。ただ、自分たちの良さをなくしてしまったような気がする。(守備のやり方を変えたから?)そのことだけじゃない。しっかり戻って守るって話は前から言っていたこと。今からハットトリックできる攻撃力を出せるわけじゃないし、今までやってきたことしかできないんだから。
【内田篤人(鹿島アントラーズ)-コートジボワール戦後コメント】


今まで積み上げてきたものがちょっとずつ消えてきている。カウンターが怖いからといって、サイドハーフとサイドバックが連動して上がる今までのスタイルが全くなくなってしまった。
【中村俊輔(横浜F・マリノス)-韓国戦後コメント】


アジアでの戦いと、世界との戦いでは日本の立ち位置が変わってくるのだから当然同じような戦略でうまくいくわけは無い。しかし、長い予選や数々のテストマッチが直接ワールドカップの為の準備につながっていないとすれば、なんと無駄な時間を過ごしたのかという思いが湧きあがってくる。

岡田監督もワールドカップで結果を出すために、システム変更やメンバー変更をしているのは分かるし、守備システムを整備している現在のやり方は、理にかなった方法だと思える。しかし、いまさらか?と思う気持ちも同じくらいある。

ここにきてからのシステムおよび選手の変更により、今まで選手達がチームの強みだと思って磨いてきたものが、まったく無駄であったかのごとく失われているという現実もある。


不運なところもあったけど、結果をしっかり受け止めたい。どうやっていくべきかが見えたシーンはいくつかあった。分かっている通り、単純につないでも崩せない。最終的にカウンターを使ったり、シンプルにサイドを使った時にゴール前まで行っている。自分たちの形をもっと作りたい
【本田圭佑(CSKAモスクワ)-コートジボワール戦後コメント】


本番ギリギリの今『自分たちの形』をまた模索しなおさなければならない選手たちは不幸ではないか。

現在発売中のnumber 7/15号で「今回のワールドカップに何を望むか?」という問いに対して、中村俊輔は以下のように語ってる。

大げさな言い方をすれば、日本代表は”こうあるべきだ”というものを残したい。もちろん、監督が代わり、メンバーが変われば、チームって変わるものだけど。 〜中略〜 もしかすると、そういうものが確立されるには、あと10年、20年必要なのかもしれない。けど今回のワールドカップがヒントになったとか、方向性が見えたとか、そういわれるものが残せればうれしい。


おそらくオシム前監督が作りかけていた日本代表と、その延長線上にあったはずの今のチームが、新しい日本代表のスタイルを残せるという確信が中村にはあったのだろう。同numberにおいて中澤も『日本サッカーの伝統』というような表現で似たような事を言っていたが、オシム前監督から指導を受けた選手は皆似たような気持ちを持っているのではないだろうか。

”どんな方法でも勝てば良い”という人もいるだろうが、私個人の気持ちとしては、付け焼刃の様な対応で結果を求めるのではなく、”これが日本が目指していたサッカー”だと思えるようなサッカーで世界と戦ってほしいと思っている。

posted by Ryon at 00:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本代表2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

最終テスト コートジボアール戦のポイントは?

6/4、日本代表は W杯前の最後のテストマッチを行う。対戦相手はコートジボアールで90分+45分の変則マッチになるそうだ。

このゲームの1番の目的はカメルーン対策で、アフリカ勢特有の身体能力への適応ということになるのだろうが、さらに先日のイングランド戦で試した4-1-4-1(岡田監督的には4-1-2-3との事)システムの守備部分の再確認と、その時にはあまり出来なかった攻撃部分の調整が加わる。

守備部分については、ブロックでプレスをかけて奪うやり方が70分限定ではあったが、ある程度機能したので、今日のゲームでは90分やりきる事が出来るのかが注目される。

また、今日のゲームで「どのようにして点を奪うのか?」という部分で何かしらのアプローチを見せてくれる事に期待したい。
個の力でどうにかできるなら、それでも良いのだが、それほど突出した選手がいない日本だからこそ、個の力に頼るようなやり方ではなく、日本人の特徴を生かした、チームとしての戦略を見せてほしい。

今日のゲームによって、レギュラーとサブという立場が明確になり、マスコミはいろいろな事を言ってくるだろう。しかし選手は、全員でひとつのチームであり、全員に重要な役割があるのだという事を自覚してほしい。選手一人一人がリスペクトしあえるような、すばらしいキャリアの選手たちが集まっているのだから、自分たちも、私たちファンにも悔いの残らない大会にしてもらいたい。

ドイツの時のような終わり方だけはもうしたくない。
posted by Ryon at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by RSSリスティング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。