2008年08月11日

世界は遙か彼方に − 北京五輪総括



信じたくないが、日本と世界の差は、もはや埋めようの無いほど開いてしまったと思い知らされた大会だった。

ほとんどすべての面で世界との差を痛感した大会となったが、その中でも判断の遅さは致命的で、この部分が劣るためにすべてがうまくいかない様に感じられる。

相手のプレッシャーがキツイとか、ピッチがデコボコでボールのコントロールが難しいとか判断を遅らせる要因が多々あるのは事実だが、対戦国にはその影響がさほど大きく感じられないのは、やはり色々な環境や状況に対応するための経験や準備が日本には足りないという事なのだろう。

ボールを受けても止めるまでに時間がかかる。ボールの受け手を捜すのに時間がかかる。ボールの受け手は良いポジションを探すのに時間がかかる・・・。

日本のような状態の良いピッチならもっと良いサッカーが出来るのは判かっているが、最高の状況や最高の状態の自分しかイメージ出来ない今の日本代表では世界を驚かせる事など永遠に不可能だろう。


また、終わったことを蒸し返しても仕方が無いのかもしれないが、OA枠も含めて選手選考はこれでベストだったのかも疑問が残った。

『チームに軸がなかった。アントラーズだと満男(小笠原)さんとか、ガンバならヤットさん(遠藤)とかいるでしょ。自分も含めて、(軸になる選手が)出てこなきゃいけなかったのに、いなかった。』

A代表でも活躍する鹿島の内田はチームをコントロール出来る選手の不在を敗因の一つに挙げたが、私も同じような感想を持った。

一人のスペシャルな選手に頼るようなサッカーは時代遅れなのかもしれないが、ピンチの状況でチームを落ち着かせる事ができる選手はチームに必要だろう。

チームがうまくいかない時間帯を乗り切ったり、打開する為には技術・メンタルともに優れるリーダー的な資質の選手の存在は必要不可欠だ。特に日本のような力の劣るチームでは。

個人的には柏木か梅崎は残すべきだったと思うし、大久保・遠藤がダメでもDF・GK含めてOA枠は使うべきだったと思っている。

多くの反省点が浮き彫りになったという点では意味のある大会だったが、それを今後に生かせるかが日本サッカーの浮沈を握っていると言う事を関係者はもう一度肝に銘じるべきだろう。


人気blogランキングへ
ブログパーツ
posted by Ryon at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by RSSリスティング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。