2009年06月19日

結局変わっていない日本代表【豪2−1日】


2010年サッカーW杯南アフリカ大会(2010 World Cup)アジア最終予選・グループA、オーストラリア対日本。試合は日本が1-2でオーストラリアに敗れ、グループ2位で予選を終えた

すでにW杯出場を決めている日本代表だが、1位通過をかけて因縁のオーストラリアとアウェー戦を戦った。しかし、結果はドイツでのリプレイを見るような、先制点を取っていながらの逆転による敗戦という非常に残念なものだった。

日本は中村俊輔や長谷部を欠いているとはいえ、相手も同様に主力を欠いており、言い訳は出来ない状況だ。

4年前の反省の上に立ってチーム作りをしていれば、今回のような結果にはならないのではないかと思うのだが、W杯を決めた後の試合だけに、岡田監督がどれほど勝ちにこだわっていたのかは不明だ。何が何でも勝つというほど強い気持ちでは無かったのではないだろうか。

ここまでのチーム作りにおいて、個人的にもっとも失敗だったと感じたのは、CBのバックアッパーをまったく用意していなかった事だ。
今回、中澤が体調不良で出場出来なかったが、代わりに出場したのは阿部だった。しかし、結果的にこれが失敗で、どうしてCBが専門の選手を連れて行きながら使わないのか?疑問だった。

また、ここ数試合を見た限りでは、チームは後半に失速するケースが多く、その原因の一つとして前半から闇雲に行われるプレスがあるような気がする。もう少し効率よくやらないと後半までスタミナが持たないのではないだろうか。

負けた後のインタビューで本音を言うことは無いのかもしれないが、岡田監督が現状のままでそれほど問題ないと考えているとしたら、W杯ベスト4など期待は薄いと言わざるを得ない。

ジーコジャパンと岡田ジャパン。岡田ジャパンの方が優れていると自信を持って答えられる人はどれほどいるだろうか?
posted by Ryon at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121778336
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by RSSリスティング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。