2006年05月23日

より現実的な選択 システム3−5−2

福島Jビレッジで合宿中の日本代表が、地元の湯本高と練習試合を行い、12−0で大勝した。

まあ、試合結果や点差などは気にするような試合ではないが、怪我から復帰したFW柳沢の状態が確認できたことなど、良かった点も多々あった。

この試合では、システムを3−5−2として臨んだようだが、注目点はその中盤のメンバーだ。
5人のMFの内、両サイドは加地・三都主で決まりなので、残りが3枠となる。今回選ばれたのは、中村・中田・福西となり、小野・小笠原・稲本などの才能あふれるタレントが控えとなった。

以前のジーコであれば、より多くのMFを起用できる4−4−2をファーストチョイスとしていたが、本大会が近づいたこの時期に何故3−5−2を選択したのだろうか?。

私が考える一番の理由は、三都主の守備力の問題だ。

4−4−2を選択し、三都主を左SBに配置した際の問題については、皆知るところだが、やはり本番を控えて、その問題点の対応が必須だと感じているのではないだろうか。

4−4−2のまま、左SBを三都主から中田(浩)または駒野に変えるという選択肢も無いわけではないが、今までその形で実践を戦った事はほとんど無いし、そもそも三都主をスタメンから外すという選択肢自体がジーコには無い様なので、となると、システムを3−5−2にするしかないという事なのだろう。

3−5−2を選択したことで、中央エリアのMFを3人しか使えなくなったわけだが、攻撃の中心である中村、経験豊富で攻撃・守備ともに期待できる中田、そしてその二人のカバーをしながら中盤のバランスをとり、そして守備も期待できる福西。この3人が選ばれるのは理解できる。

小野や小笠原の攻撃力やイマジネーションを活かせないのは非常に残念だが、負ける可能性を下げるという意味では、非常にまっとうで、現実的な選択だろう。

ただ、私個人としては、小野・小笠原も同時に起用できるシステムを本番までに構築してもらいたかったという気持ちはある。

日本のストロングポイントである”能力の高い中盤”を世界にアピールするには、いささか寂しい決断である。
posted by Ryon at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18243512
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by RSSリスティング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。