2006年05月25日

国内合宿 笑顔で終了

ドイツW杯に向けた日本代表国内合宿が終了した。

フィジカルコンディションを整える事が最大の目的だった今回の合宿だが、ジーコとしては非常に満足度の高いものになったようだった。

TVで放送されている合宿風景を見た感じでは、非常に笑顔の多い合宿で、決戦を直前にしているチームとは思えないほどのリラックスムードだった。まあ、このタイミングでは、新しいことを始める時間は無いと思うので、一番大切なのはコンディション調整と、メンタル面の調整なのかもしれない。

なにをやるにしても、体調が悪ければ良い結果にはならないし、緊張した状態では最高のパフォーマンスを発揮することは難しい。

今回のチームを見ていると、4年前のチームとはあらゆる面で対照的だなーと感じることが多いのだが、4年前からメンバー的には大きく変化していない事から考えると、指導者や指導法によってこれほどちがうチームになると言うことを知らされた。

サッカー監督としてではなく、ひとつのプロジェクトのリーダーとしてジーコを見た場合に、ジーコのやり方には非常に共感できる点が多いと私は感じている。

トルシエ的な適材適所に自分の都合の良いメンバーを当てはめて、自分のやり方を徹底的に叩き込んで、結果を残そうとする指導者もありだとは思うが、私ならば、ジーコ的な、個々の個性が発揮できる環境作りや、仕事が楽しいと感じるようなムード作りにまずは重点を置くだろう。

一番良いのは、その両方をバランス良く行う事だと思うが、オーストラリア監督のヒディングにはその資質が感じられる。
ジーコもその仕事をうまくやっていると信じたいが、その結果がわかるのは、W杯が終わった時なのだろう。
posted by Ryon at 09:47| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

パブリックビューイングに行きます!
Excerpt: いよいよワールドカップが間近に迫ってきました。 日本代表を熱く応援するには、やっぱりこれでしょう。 超大型スクリーンで、数万人で盛り上がれる場所。 家で一人で見るのは寂しすぎるのです。いくら..
Weblog: 2006FIFAワールドカップ ドイツ大会!
Tracked: 2006-05-25 10:11
Powered by RSSリスティング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。