2006年05月26日

オーストラリア欧州王者に勝利

W杯初戦で日本と対戦するオーストラリアがホームで欧州王者であるギリシャと対戦し、1−0で勝利した。

オーストラリアはFWキューウェル、アロイージ、MFケイヒル、GKシュウォーツァーの主力4人が欠場していたということで、本番ではさらに良い状態になりそうだが、私がこのゲームを見ていた限りでは、さほど驚異とは感じられなかった。

オーストラリアのストロングポイントは、高さと強さだと思うのだが、特に印象に残ったのはFWの体を使ったキープからのポストプレーだろうか。
日本のDF陣が、あのFWに当たられたら、ちょっと勝てそうにない。

高さという面では、戦術的にロングボールを放り込むケースが多く見られるので、背の低い日本DFとしては、その点で少々やっかいではある。また、今回唯一の得点シーンでもあるセットプレーでも、その高さは生かされている。

しかし、その反面、足下の技術はさほど感じられなかった。また、スピードもさほど無いので、攻撃時には日本の良さを十分出せそうな気がする。

オーストラリアは攻撃力はそれなりにあるが、守備にはかなり穴がありそうだ。日本の細かいパスワークやすばやい動きにはついてこれないのではないだろうか。

総合的に考えれば、おそらく撃ち合いの攻撃的なゲームになりそうな気がするが、日本のボールキープ率が高ければ、当然相手の攻撃チャンスは減るので意外に日本優位に進むのではないだろうか。

国内最終合宿で、高校生との試合形式の練習を多く取り入れたのは、攻撃のイメージ作りが大きな目的だと思うが、意外に有効な練習なのかも知れない。
posted by Ryon at 13:37| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18393030
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

オーストラリアvsギリシャ
Excerpt: 昨日メルボルンで行われたオーストラリアvsギリシャ 夜スカパーで観ましたけど、スココのボレーシュートの1点のみで1??0で勝利してましたけど、この試合オーストラリアは主力キューウェル、ケイヒル、シュウ..
Weblog: 3?歳のつぶやき....
Tracked: 2006-05-26 14:35
Powered by RSSリスティング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。