2006年05月27日

より正確になる!?FIFAランキング

国際サッカー連盟(FIFA)がドイツW杯終了後の7月12日付で新しい世界ランキングの算出システムを導入する。

ナショナルチームのランクを比較する場合に使われてきたFIFAランキングだが、今までは多くの専門家が指摘するように、あまり正しいランキングとはいえなかった。

現行システムではW杯や同予選、大陸別選手権の結果がランキングに強く反映される。その結果、W杯開催国であるドイツは予選免除のために試合が少なく19位にランキングされている。(日本は18位)
また、W杯予選の試合数が欧州より多い米国(5位)やメキシコ(4位)が実力のあるフランス(8位)、イングランド(10位)、イタリア(13位)よりも上位にランクされている。

W杯出場国でもクロアチア23位、スイス35位、セルビア・モンテネグロ44位など実力よりもかなり下にランキングされている国も多い。

今回採用される新システムでは、対象となる試合を過去8年から4年に変更し、試合数などの地域別の特性も考慮されるそうだ。

このシステムに変わったら、日本はどのくらいランクを落とすだろうか?。
posted by Ryon at 13:46| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

サッカー イングランド代表メンバー
Excerpt: スポーツ選手名鑑より情報! ドイツワールドカップ、グループBのイングランド代表のメンバーです。 イングランド(出場12回目) FIFAランキング10位
Weblog: スポーツ選手名鑑
Tracked: 2006-05-27 19:38
Powered by RSSリスティング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。