2006年05月29日

クロアチア イランと引き分ける

W杯予選リーグ2戦目に、日本と対戦するクロアチアがイランと親善試合を行い、2−2で引き分けた。

ゲームを全く見ていないので、内容についてはわからないが、しかし、アジア代表のイランに勝てなかったというのは、日本にとっては少しホッとするニュースだ。

このゲームは本日(5/29)18:00からBS7にて放送される。




TVにてゲームを見た。

クロアチアの印象は、攻撃的な好チームといったところか。

攻撃の起点はサイドからが多く、かなり精度の良いクロスが供給されていた。FWには高さも強さもあるので、サイドを支配されたら日本に勝ち目は無さそうだ。故に、サイドの攻防が最大のポイントの様に思う。

また、セットプレーもかなり集中して守らないと、危ない。
負けるとしたら、セットプレーでやられるパターンが一番確率が高い様な気がする。

しかし、かなり攻撃を重視するチームに見えたので、もしかすると日本の攻撃もツボにはまる可能性は高い。スピードを生かせれば、クロアチアDFを突破するのはそれほど難しく無いのではないだろうか。

チーム力は、ほぼ互角と見た。後はどんなゲーム展開になるかで優位は変わりそうだ。前半を0点で凌げれば、日本勝利の可能性はかなり高くなると思う。

後は、天気が良くなることにも期待だ。
posted by Ryon at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by RSSリスティング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。