2006年05月31日

世界と互角にやれる感触 ドイツ2−2日本

ドイツW杯に臨む日本代表は30日、ドイツのレーバークーゼンでW杯開催国ドイツと国際親善試合を行い、2−2で引き分けた。

結果よりも内容を重視するというゲームだったが、予想以上に収穫の多いゲームになったのではないだろうか。

前半ドイツは、フィジカルの強さを全面に出しながら、圧倒的にボールを支配していた。ゲーム展開も非常に早く、予想外のハイスピードゲームになった。

欧州の強豪国と対戦した場合、大体、試合開始の猛攻をどう凌ぐかが大事なのだが、このゲームでも全員が集中して守り、相手に決定的な場面は作らせなかった。

前半唯一の誤算は、シュバインシュタイガーの後方からのタックルを受けた加地の負傷退場だ。

全体的に、汚いファウルが多く、激しいと一言で済ますには納得しがたいものがあった。その辺は、ドイツの技術の無さ(他の強豪国と比べて)から来るものの様に思える。

前半を0−0で凌げたことは日本にとってはポジティブな状況だった。

後半にはいると、日本の良さが目に付くようになっていた。欧州のチームは後半にパフォーマンスが落ちてくる傾向が強いが、そんな状況の中で、日本のスピードが十分通用することが確認できた。

特に、今までの合宿で特に力を入れてきたであろう、カウンター攻撃が形になった事は非常に良かった点ではないだろうか。

また、これも合宿の成果かもしれないが、非常にコンビネーションが良くなっており、決定的場面を作り出す課程において、ダイレクトパスを繋ぐシーンがかなり見られた事もポジティブな要素だ。

スピードのあるパス回しと、カウンター攻撃が機能したという事実は、本戦で強豪国と戦う場合にも自信となって表れることだろう。

今の日本に一番必要な事は、”自信を持って戦う”という事だと思う。攻撃面に関しては、このドイツ戦の結果を持って本戦で戦うための準備が全て整ったと言えるのではないだろうか。

しかし、その反面課題もハッキリした。

セットプレーから2点を奪われたが、この対応を考えないと、オーストラリアにもクロアチアにも同じようにやられる可能性が高い。

フィジカル的に劣る日本にしてみれば、ファウルで相手を止めるシーンはかなり多いだろう。必然的に相手のセットプレーの回数は増えるので、この対応がうまくいかなければ、毎試合失点する事になるのではないだろうか。

今回のゲーム、自信を得ながらも、課題が見つかった。本番前のテストマッチとしては最高の結果だったと言えるのではないだろうか。

唯一の気がかりは加地の状況だが、加地が離脱した場合、誰を追加招集するのだろうか?。

最近の日本代表で加地・駒野以外に、左SBが出来る選手が思い当たらない。万が一駒野が故障した場合、オプションとしての4バックが実現不可能になるので、この点も早急に対応を考える事が必要だろう。

■田中に代えて茂庭を招集

日本サッカー協会は30日、ワールドカップ(W杯)DF田中誠(30)=磐田=が左太もも痛のため離脱し、茂庭照幸(24)=FC東京=を追加招集すると発表した。

posted by Ryon at 14:04| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18646842
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

サッカー国際親善試合日本VSドイツ
Excerpt: 日本代表 2-2 ドイツ代表 高原直泰(後半12分)、高原直泰(後半20分) クローゼ(後半30分)、シュバインシュタイガー(後半35分) 2-0とリードしながらも結果は2-2の引き分け… ..
Weblog: 週刊カルチャーショックBLOG
Tracked: 2006-06-01 11:30
Powered by RSSリスティング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。