2006年06月07日

”サッカーを楽しむ”ための鍵は”集中力”にあり

W杯本番前、最後の親善試合(対マルタ)を1−0の辛勝で終えた日本代表だが、その結果から若干評価を落としたようだ。

日本代表といえば、格上の相手だと驚くような結果を残す事もあるのに、格下相手だと常に”決定力不足”による接戦となる不思議なチームだ。

今回対戦したマルタも、FIFAランキング的には遙かに格下であり、先日のドイツ戦での健闘から考えても、大量得点による勝利を期待したファンが多かった事と思う。しかし、今までの実績から考えてもそれはあり得ないことだった。

日本は、相手が攻撃的なチームの場合には、そのスキル・スピードにより相手をしばしばピンチに陥れるが、守備重視であまり攻撃を仕掛けてこないチームが相手の場合に、その守備をこじ開けるほどの力は持っていない。

パワープレーを仕掛ける様な高さもないし、ミドルレンジから威力のあるシュートを繰り出せる選手もいない。狭いスペースを巧みに使うテクニシャンもいない。

格下といっても、相手がアジアレベルなら、セットプレーから点を取ることも可能だったが、W杯では高さのあるチームばかりなので、当然同じシチュエーションでも得点できる可能性はかなり低くなる。

W杯本大会で、最初から守備的な戦いを仕掛けるチームはいないだろうが、しかし、先制点を取った後、逃げ切りのためゴール前を固めるようなシチュエーションは大いにあり得るだけに、深刻な問題だ。

では、日本代表はどうすれば良いのだろうか?

そのキーワードは”集中力”にあると思っている。

山ほどチャンスを作ってもゴールが入らない。たった一度のチャンスにゴールを決める。ここには”集中力”の差があると思うのだ。

強豪国との対戦では、チャンスは何度もこないという事を肌で感じるはずだ。だからこそチャンスを逃さないように神経を研ぎ澄ます。その結果、GKの足が滑るのが見えたり、シュートコースが見えたりすると思うのだ。

”集中力”を最大に高めた状態が、自分の能力を最大限発揮するための鍵になる。

”集中力を高めろ”などと言ったところで、”そんなことはやっている”と言われそうだが、少なくともゲーム中に笑顔を振りまいているようでは、集中しているとは言えない。

”サッカーを楽しむ”と話す選手が何人かいるが、その為には、今ある能力を最大限発揮する必要がある。そしてその鍵こそが”集中力”なのだ。
posted by Ryon at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18972158
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by RSSリスティング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。