2012年10月11日

ザックジャパン 世界での立ち位置を知る戦いへ

サッカーの日本代表は12日午後9時(日本時間13日午前4時)から、パリ近郊のサンドニでフランス代表、16日にはポーランドでブラジル代表との国際親善試合を行う。

今回のアウェーでの国際親善試合は、ザッケローニ監督就任以来、初めて日本代表が世界基準に近い環境で戦う機会と言えるのではないだろうか。

ホームであればアルゼンチンなどとも対戦しているが、やはりホームのフレンドリーマッチでは相手の実力が100%発揮されるケースは稀で、本当の意味で世界基準を計るにはアウェーでの対戦が絶対に必要だ。
日本代表はアジアではトップの実力といって差し支えないと思うが、それ故にアジアでは世界レベルの対戦相手がほとんどいない。アジアで勝つことが容易という事ではないが、戦術的にアジアと世界を同じようには戦えないので、W杯本戦を見据えれば、W杯予選とは別の戦術・戦略、または別のメンバーなどを試す機会が必要なのだ。

現在かなりの選手がヨーロッパのクラブに所属している現状では、ヨーロッパでのアウェーゲームはコンディション的にはさほど不利にはならない。しかし、今回は何人かの怪我人が出ており、今までの延長としてのベストメンバーは選べなさそうだ。特に問題なのはチームの核である本田が別メニュー調整を続けている事である。
今までのザックの選択では、本田の代役は中村(憲)という事になるが、今回は香川トップ下もあり得るのではないだろうか。

世界から見れば、日本代表のなかでもっとも警戒するべき選手は本田ではなくマンチェスターユナイテッドのトップ下、香川真司である事は間違いない。しかしザックは頑なに香川トップ下を拒んできた。

これまでの日本代表は、本田の持つ類まれなキープ力をキーとした戦い方で結果を残してきた。FWにキープ力の高い選手のいない日本代表では本田がその役割の一部を担っているわけだが、その結果、本田不在時の代役にもそれに近い役割が求められており、香川のようなスピードやクイックネスを特徴とする選手よりは中村や長谷部、柏木などのキープ力がある選手が選ばれてきたのだろう。だが、アジアレベルの戦いであればそれでも通用するかもしれないが、今回戦うフランス、ブラジルレベルのチームであれば、今までよりもさらに高いレベルの強さが求められる。そこで日本最高と認識されている香川のトップ下起用が、もう一つのスタンダードとして使えるようになる事が望ましい。

2001年、中村・名波を中心に世界レベルのモダンな戦術でアジア大会を圧倒的な強さで制しアジアチャンピオンの日本代表は、自信を持って、サンドニでのフランス戦を戦った。しかし0−5という大差で敗れアジアと世界の差をチームとしても個人としても痛感した。あの戦いでフランスと互角にやれたのはイタリアでプレーしていた中田(英)ただ一人だったが、今ではチームのほとんどが海外経験を持つまでに成長している。
対戦相手であるフランスは、あの当時ジダン、アンリなどを擁するまちがいなく世界最高のチームだったが今回のチームは強豪には違いないがそこまでの強さは無いだろう。しかしヨーロッパレベルでは平均以上の強さを持つことは疑いようがなく、それ故に今回の対戦により日本代表の世界での立ち位置が明確になるのではないだろうか。

今回のフランス戦で良い戦いをして、その勢いで世界トップレベルの攻撃力を持つブラジルに挑んでもらいたい。

間違いなくザックジャパンとしてのターニングポイントとなるはずだ。

人気blogランキングへ
ブログパーツ
posted by Ryon at 18:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 日本代表2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も香川のトップ下が見たいです。
本田が最高の攻撃選手だと思ってますが(cska贔屓です)最高の選手はサイドでもトップでも実力を発揮できます。
本田ならできます。また決定力に限れば香川の方が上だとも思います。

日本らしさという観点では裏を狙う選手もちゃんといれて欲しいです。どんなにボールがつなげてもキープ力のある選手がいてもゴールに走る選手がいないと点は取れません。
前田や本田はゴールへの動きもあってキープ力もあるので攻撃を活性化できるのだと思います。
Posted by cska352 at 2012年10月17日 13:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by RSSリスティング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。