2012年10月31日

残り4試合 勝ち点55 得失点差3 

2012年のJリーグも残り4試合となった。
現在の首位は広島で勝ち点55、そして2位が仙台で同じく勝ち点55、得失点差3で追っている。
3位の浦和は勝ち点49、4位の清水が勝ち点48と優勝するには少し厳しい状況だが、広島・仙台が圧倒的に強いというわけではないので、まだあきらめるには早いか。

広島も仙台もリーグタイトルは獲ったことがないので勝てば初優勝という事になるが、自分は仙台を応援しているので是非仙台に優勝してもらいたいと思っている。

正直なところ、自分はそれほど熱心にJリーグを見ていないので現在の広島・仙台のチーム力にどれほどの差があるかはわからない。しかし昨年唯一スタジアムで観戦したのが広島・仙台戦でその時の印象から考えると、若干だが広島が攻撃的で良いサッカーをしているかなという印象だった。(ただしその時の試合は0−0引き分けだったが)

今年の成績を数字からみる限りではほとんど互角という感じがするが、仙台の方が引き分けが多い。
昨年直接見た時の仙台の印象も、相手に押されている状況でも、非常に粘り強く耐えるチームという感じで、その部分が引き分けの多さにつながっている様な気がする。

震災が現在の仙台の強さに影響していることは間違いない。以前から引き分けの多いチームではあったが、以前の引き分けと、現在の引き分けでは大きく意味が違うように感じているのは私だけだろうか。

以前の「勝ちきれない」チームから「負けない」チームへ。今の仙台は多くの人々の希望なのだ。

次節ホームのC大阪戦、微力ながらスタジアムに応援に行く予定だ。仙台の頑張りを目に焼き付けてこようと思う。


人気blogランキングへ
ブログパーツ
posted by Ryon at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お邪魔します。

わたしもJは新聞で結果を確認するくらいですが、仙台に優勝してもらいたいです。
守備の固いチームが攻撃にも力をいれた結果だと思います。

広島は元々組み立てにポリシーがあって少し守備を整備したことで勝てるチームになりました。
時間をかけて磨いてきたポゼッションサッカーは日本サッカー進歩の証であり来季以降も期待します。
広島や浦和のような3ー4ー3を採用するチームが上位にいることも興味深いです。
代表が強豪と対戦するときの選択肢として再度試す価値があります。

Jリーグのように力の差、格差のないリーグは珍しいです。
アジアで勝てなくてもこの長所を守って欲しいです。
各地のサポーターがタイトルの喜びを味わえます。
選手が世界へ流出するのも育成を考えれば悪くないです。
リーグとしてさらにレヴェルが上がれば無理しなくてもアジアで勝てるようになります。
Posted by CSKA352 at 2012年11月07日 12:50
CSKA352さん コメントありがとうございます。

>Jリーグのように力の差、格差のないリーグは珍しいです。
アジアで勝てなくてもこの長所を守って欲しいです。
各地のサポーターがタイトルの喜びを味わえます。

本当にそうですね。地方のクラブでも優勝の夢をみれるのは素敵だと思います。

なんとか仙台に優勝してもらいたいんですけど、どーなりますかねー。広島の方が良いサッカーをしている気がしますしね。
Posted by Ryon at 2012年11月08日 23:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by RSSリスティング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。