2012年11月08日

仙台、優勝争いに踏みとどまる(仙台1−1C大阪)

J1第31節 仙台 対 C大阪は1−1引き分けで終了した。

負傷者、退場者そして監督の退席処分と荒れた試合になったが、それぞれ優勝と降格がかかる重要な試合であるため仕方がないかなという印象だった。
ゲームの内容は、総合的に見れば引き分けが妥当という気もするが、惜しいシュートが多かった仙台に、もう少し決定力があれば早い段階でゲームを決めることが可能だったのではないだろうか。

また、この試合では、審判がゲーム内容にかなり影響を与えていた。非常に細かくジャッジする審判で、リスタートの位置や負傷者(演技の様な人も含めて)の対応など、流してもよさそうな所もキッチリ止めて対応していた。
その対応が必ずしも悪いわけではないのだが、この試合に限ってみると仙台に不利に見えるようなタイミングが多かった。このスタジアムで何度も試合を見ているが、今回ほど審判のジャッジに対するブーイングが多かった試合はなかったように思う。
しかし、これはC大阪の方が”したたか”だった事を表しているのだろう。初優勝をめざす仙台の方がナイーブだった。

ゲームの進め方や攻め方を見ている感じでは、C大阪の方が攻撃的で将来性のある良いチームという印象を受けた。
仙台は、ボールポゼッションに重きを置いた攻め方をしていたが、攻撃が中央に集中し、また決定的な場面でボール扱いに拙さもあり、相手を完全に崩す事はできなかった。それに対しC大阪はスピーディにサイドに展開する攻撃が機能しており、うまく攻めていたのではないだろうか。ボールの扱いのうまさやイマジネーションを感じさせる選手も多く好印象だった。

C大阪の得点は文句のないカウンター攻撃から柿谷のセンスを感じさせるものだったが、得点後は、露骨な遅延行為などが多くみられ、スタジアムは異様な雰囲気となっていった。
前半がC大阪寄りに見えるジャッジが多かっただけに、審判も得点後の遅延行為に次第に厳しくジャッジするようになっていた。
播戸の2度目のイエローは少し厳しいかなという感じもしたが、ここまでのジャッジから考えると、最後に審判がバランスをとった結果かなと感じた。
そのチャンスを仙台は生かし、ロスタイムに同点とし辛うじて勝ち点1を拾うことができた。

最高の結果にはならなかったが、ゲームの展開から考えればまずまずかなという気がする。しかし、優勝するにはまだ足りないものがあるようにも感じた試合だった。


人気blogランキングへ
ブログパーツ
posted by Ryon at 23:17| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
仙台はイタリアのチームみたいですね。
あの守備は応援したくなります。
ポゼッションは捨ててカウンターとプレスに特化するのが無難です。

いろんなスタイルや哲学が混在しているのもJリーグの魅力ですね。
育成が上手で海外流出も恐れないセレッソも素敵です。

ブーイングは嫌ですね。
サポータには裁きよりサポートを期待します。
遅延行為やファウルや負傷もみたくない。
判定基準が高いのは悪くないです。
勝ち負けにこだわるリーグより
成長していくリーグ、美しいものを観客に見せてくれるリーグになって欲しいものです。

赤嶺と林は代表でもどうでしょう。
Posted by cska352 at 2012年11月19日 19:07
CSKA352さん いつもコメントありがとうございます。

たしかに仙台はイタリアのチームっぽいかもしれませんね。守備をベースにしながら得点のチャンスを窺っている感じとか。

守備と攻撃がバランスよく機能している感じでした。

多くの指導者はバルサのようなサッカーをしたいと思っているのかもしれませんが、色々なスタイルが混在しているほうが見ているほうは面白いですよね。Jリーグを含む日本のサッカーは結構がんばっていると思います。

赤嶺の決定力はなかなかですよね。仙台からも代表に定着するような選手が出てきたらうれしいですけどね。でも代表がいないのに結果を出すっていうのもかっこいいと思います。
Posted by Ryon at 2012年11月20日 02:20
仙台はゴール前の迫力がありますね。

セレッソのようにSBも上げてポゼッションできたほうが、決定力が生きるかもしれません。
体力が温存できればファウルもミスも減り、長丁場も乗り越えられます。

伸び白が大きいチームですね。
Posted by cska352 at 2012年12月10日 04:51
cska352さん、コメントありがとうございます。
試合を見た感じではサイドバックを含め、あまりサイドをうまく使えていない印象がありました。中央の攻撃はなかなか見応えがあるので、もっとサイドを使ったら中央の攻撃も生きるのにと思いました。
1年通して考えると夏場に弱いところをどうにかしないと優勝するのがキツイかなとも思います
。それでもいろいろな点で良くなった結果が今の成績なのだと思うので、フロッグでは無い事を証明する為、来シーズンも優勝に絡む成績を残してほしいです。
Posted by at 2012年12月10日 08:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by RSSリスティング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。