2012年11月16日

サッカー日本代表 高まるチーム力(日本 2−1 オマーン)



2014年サッカーW杯ブラジル大会 アジア最終予選、日本はアウェーで、オマーン相手に2−1で勝利した。
この勝利により日本の勝ち点が13で、5点で追う2位オマーン、オーストラリアを大きく離して、W杯出場に大きく近づいた。

日本とオマーンの力関係だけで考えれば負ける相手ではないが、現地の暑さと、直前にしか合流できない選手が多数いる状況は不安材料で、過去を考えても中東での試合は常に苦戦している。

今回のゲームでも、一番の問題点は暑さとコンディションの様に感じられた。
全体的に見れば日本の方がゲームを優勢に進めていたが、オマーンもかなりきわどいシュートを何度か放っていた。
ホームのオマーンとしては何としても勝ちたい試合だが、力関係を考えれば慎重にゲームを進めるのでは?とも予想していたが、実際にはかなりの運動量で序盤からプレスをかけてきた。

通常であればゲーム終盤まで運動量が落ちないのが日本のストロングポイントだが、現在の日本の主力選手は寒い気候のヨーロッパから集まって来ており、この暑さはかなり厳しかっただろう。

特にロシアから来た本田は、マークが厳しかった事もあるが動きに精彩を欠いていた。

今回の試合では怪我で香川が招集されていなかったが、岡崎の復帰、清武の存在感によりそれほど影響は無かった様に思う。香川が特別な選手であることに疑いの余地はないが、日本代表には似たタイプで高いクオリティの選手が複数存在するので、この様なネガティブな要因でも、「他の選手の経験値を上げる事ができる」と考えればポジティブに感じられるのではないだろうか。


この暑さの中で、日本代表の獲得した得点が2点とも流れの中からのものであることを考えると、現在の日本代表の力は、過去のどの代表より高そうだ。そして、2点目は選手交代した後での得点だけに、控えの充実、ベンチワークの巧みさもうかがえる。

次のヨルダン戦で勝利すればW杯本選への出場が決まるが、今回、中東での試合を経験したことでより勝利の確率がより上がったのではないだろうか。


次の試合で本戦出場を決定して、残りの試合を控えの充実や戦術の徹底など、チーム力を上げる事に使えるように願っている。出場も決まっていないうちから本選の話をするのはどうかとも思うが、現在のアジアにおける日本代表のレベルはそういうところまで来ている。日本は世界のトップグループが見える位置まで来ているのだ。

人気blogランキングへ
ブログパーツ
posted by Ryon at 02:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本代表2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
仙台負けないですね。

浦和と広島の試合をTVで見ましたが、浦和も坪井、阿部、鈴木らオシム門下生がオシムサッカーしていて見ごたえがありました。
鈴木は日本を代表するセンターハーフなのではないかと思う円熟味を出していました。

代表の試合は見ていないのですが海外組が決定力をもたらしてますね。
野球も国内組で挑むようですから、国内組のサッカー代表も見てみたいです。

ワントップも日本らしさなら佐藤、決定力ならトゥーリオが見たいです。
中盤にテクニシャンを並べて本田のゼロトップに磨きをかけてスペインのようなサッカーに挑戦するのも面白いと思います。
Posted by cska352 at 2012年11月19日 18:39
早めにW杯出場を決めてしまって、若い選手や出場機会の少ない控え選手(宮市とか)に経験を積ませてほしいです。スピードのある選手を使えれば、戦い方の幅が広がります。

佐藤もJで結果を出し続けているので、なんとか代表で使ってもらいたいなーと思います。

戦術的にも「ゼロトップシステム」は、中盤に優れた選手が多い日本に合っている感じがしますので、もっと追求してほしい気がします。もしかすると”日本らしい”オリジナリティのある戦術になるのではないか?という気もします。
Posted by Ryon at 2012年11月20日 02:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by RSSリスティング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。