2012年12月28日

継続する被災者支援とサッカーファミリー

2012年12月25日と26日、ふたつの東日本大震災復興支援チャリティマッチが行われた。
一つはなでしこジャパン澤選手企画の”なでしこ&ヤングなでしこ&JリーグOB”の対戦。そしてもう一つは、日本プロサッカー選手会(JPFA)企画の”東北にゆかりのある選手が集まった「東北ドリームス」&海外組が中心となった「JAPANスターズ」”の対戦だ。

国立競技場で行われた、なでしこのチャリティマッチはテレビで観戦したが、JPFAの方は仙台ユアテックスタジアムで行われたので、スタジアムで観戦した。

チャリティマッチというと、どこかお祭りの様な楽しいムードを想像するが、なでしこの方はかなりガチな展開で非常におもしろいゲームだった。
このゲームで楽しみにしていたのは、ヤングなでしこの試合がもう一度見られるという事だった。
年代別の代表は、年代別W杯が終われば解散して、あとはA代表などで一部の選手を見る事しかできなくなる。それ故にヤングなでしこをチームとしてもう一度見られるのはかなりうれしい事だった。

前半は「なでしこVSヤンなで」の試合だったが、このゲームの前半はかなりガチで、しかも”ヤンなで”が”なでしこ”を押しまくるという展開でスタートした。”ヤンなで”の選手たちにしてみれば格好のアピールの場であり、もっとも力を発揮できるチームだったと思うのでこの対戦は願っても無いものだったのではないだろうか。

チャリティマッチは短時間で沢山の選手が入れ替わるので、最終的には経験で勝るなでしこが勝利したが、田中(陽)や猶本などクオリティのある若手を見るのは非常に楽しかった。

後半の「なでしこVSJリーグOB」の試合は、松木さんがメンバーに入っている時点で、楽しい・従来のチャリティマッチを想像していたが、敗けず嫌いなラモスさんの存在がそれを許さず、こちらもかなりガチなゲームになった。OBチームは当然運動量には難があるが、技術的には見どころがあり、しかも随所に遊び心が感じられるところが流石だった。

26日に行われたJPFA主催の方は完全にお祭りタイプのゲームだった。

全体的に見れば、長谷部や乾などの海外チーム所属選手がいるJAPANスターズがクオリティで上回っており、ゲームとしての緊張感は皆無だったが、ゲームに出ていない内田や長友、またはハーフタイムに表れたタッキー&翼の歌など、単純にお客さんを楽しませたいという気持ちがみられて、それはそれでうれしかった。
しかし、当日は寒波の影響でとんでもなく寒く(おそらく冷蔵庫の中よりも寒かったと思われる・・)、ゲーム自体に緊張感が無いのは、スタジアムで見ていた人には少々きつかったのではないだろうか。

最後は今季限りで引退するゴン中山選手のゴールで美しく終わるという演出通りの終わり方だと思うが、前日のガチな試合を見た後だと、もう少し熱くなれるような試合が見たいなという気持ちも感じられた。
まあ、テレビで見るならこういう試合も十分楽しめると思うが。


今回の2つのチャリティマッチを見て、自分が大好きなサッカー(関係者・選手)が、東日本大震災の復興支援を継続的に行っていることに感激した。サッカー関係者が「サッカーファミリー」という言葉をよく使うが、まさにファミリーという感じで、選手も関係者も被災者を支援していこうとする姿勢が美しいと思う。

どんな形でも良いので、来年も、再来年もずーっと続けてほしいイベントだ。



サッカー ブログランキングへ
posted by Ryon at 00:14| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
3年経ちましたね。
復旧はしたけど復興はしていないと聞いています。
現実として残っているものがあると、忘れたくても忘れられないと思います。

逆に、離れたところにいる私たちが思い起こすべき時期なのかもしれません。
当時はラジオを聴きいってました。
アンパンマンマーチも聞いたし、原発のニュースもよくわからないながらずっと聴いてました。

電話がつながらなかったり、トイレの水が飛び出ていたり、家の据付の悪い部分が露呈したり、スーパーのショーケースに品物がなかったりという程度の影響しか私のところではありませんでしたが、
忘れたからおしまいというわけにはできない出来事だと感じております。
http://www.jw.org/ja/%E8%81%96%E6%9B%B8%E3%81%AE%E6%95%99%E3%81%88/%E8%B3%AA%E5%95%8F/%E8%87%AA%E7%84%B6%E7%81%BD%E5%AE%B3%E3%81%AF%E7%BD%B0%E3%81%8B/
Posted by cska352 at 2014年03月11日 13:28
cska352さん
お久しぶりです。更新もしていないこのブログを忘れないでコメントいただけたこと感激しております。震災から3年が経ちましたね。今でもあのときの情景が目に浮かびますし、その後の生活への影響なども昨日の事の様に感じられます。
沿岸の方々や福島の方々など、現在も以前と変わらぬ影響を受けている人が沢山います。
支援の輪も当時と比べれば少なくなっているでしょう。しかし、多くの人がこの日を特別と感じている様子は他のメディアなどを見ていても感じることが出来ます。
私たちも、忘れてはいけないことを心に刻んで、しかし多くのことを楽しんでいる事に感謝して生きていきたいですね。
今年はW杯イヤーです。楽しみながら、わが代表を応援しましょう。

近いうちになにか記事をアップしたいと思います。

本当にありがとうございます。cska352さんもお体などに気をつけてください♪
Posted by at 2014年03月11日 14:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by RSSリスティング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。