2007年10月19日

五輪代表ドーハで敗れる(日本1−2カタール)



結果が出ていても、内容が悪いと言われ続けていた五輪代表だったが、このゲームでは、立ち上がりから積極的にプレーしカタールよりも優れたチームであることを印象づけた。

FW李を1トップとした4−2−3−1システムは、柏木を中心とした中盤が非常にうまくパスを繋ぎゲームを支配した。

カタールの繰り出すロングボール、カウンターにもDF陣はうまく対応しており、内容という面では合格点を与えられるゲームになったのではないだろうか。

1トップというシステムである事を考えれば、攻撃時には両サイドの選手のうちどちらか一人はよりFW的な仕事をするべきだったとは思うが、本田、水野、家長という選手の特徴を考えれば少し難しい仕事だったかもしれない。

日本の得点も失点もセットプレー絡みのものだったが、この点については現代サッカーの傾向から考えれば予想の範囲内だろう。

FWがシュートまで行けるようなチャンスはあまりなかったが、中盤の選手がシュートまでいけるタイミングは何度かあったので、その当たりの精度がもう少し高ければ追加点はとれたのではないだろうか。

最悪でも引き分けが必要というゲームだったが、最後はDFのハンドによるPK献上という残念な結果となってしまった。

しかし、このハンドは不運の一言で済ませて良いのかは疑問だ。

このゲームの中だけでもFW森島がハンドでカードをもらい次戦は出場停止となっている。最近のA代表の試合でも闘莉王がハンドでPKを与えたシーンは記憶に新しい。

オシム以前の代表で、ハンドでピンチになったというシーンはほとんど記憶に無いのだがこれは偶然なのだろうか?

最近、選手が胸トラップをする際に腕を前につきだしてトラップするシーンがよく見られる。たしかU20ワールドカップでも同様の動作からのシュートがハンドで無効になっていた。このトラップなら胸+肩でボールコントロールが容易になるのだろうが、タイミングが悪ければハンドを取られるし、実際には正当なトラップであってもハンドに見える可能性は高い。

これらのプレーには相手や審判を欺こうという意識は無いのだろうか?。ボクシング亀田問題が盛り上がっている最中なだけに、フェアプレーの精神が薄い事への罰が今回の敗戦に繋がっているのではないかという気持ちになってしまった。

五輪への道は簡単ではない。


人気blogランキングへ
ブログパーツ
posted by Ryon at 01:48| Comment(2) | TrackBack(1) | 日本代表2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、お久しぶりです。
Ryonさんのおっしゃる通り今までの中では一番試合内容が良かったように思います。
しかし勝っているゲームで時間を使って逃げ切る事が相変わらず出来ないですね。
とても歯がゆいです。

最後のハンドにしても本当に余計なプレーのような気がしてなりません。
他の選択肢があったように思うのですが。

確かにオシム以前の代表でハンドでピンチになった事って柱谷ぐらいしか記憶にないです。(何かの国際大会だったと思うのですが)

五輪の道は遠いですね!!
Posted by たふた at 2007年10月19日 12:30
>たふたさん
お久しぶりです♪

ゲームが始まった時点では非常に期待できる内容だっただけに結果はあまりにも残念なものでした。

でも、まだ可能性は残っていますので、残りの2試合キッチリ勝ってもらいたいですね。
Posted by Ryon at 2007年10月20日 08:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

日本 アウェーでカタールに敗れ五輪最終予選初黒星を喫す
Excerpt: 「同点の場面。勝ちにいくのか、引き分けでよしとするのか。」 指揮官から明確な指示はなく・・・ サムライは、正直、サッカーの戦術面とかは、素人だ。 ただ、あらゆる「戦い」において、..
Weblog: ニュースなニュース 世相先読み、メッタ斬り!
Tracked: 2007-10-19 16:10
Powered by RSSリスティング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。