2007年11月22日

理想より現実を選んだ日 日本0−0サウジ



反町監督率いる若き日本代表が、ついに4大会連続となる五輪出場を決めた。

サポーターや関係者からは、常に『(オシムが掲げた)人もボールも動くサッカー』という理想のサッカーを要求され、勝利という結果を残していても、その内容が良くないという批判を浴び続けた反町ジャパンだが、最後は理想よりも現実を重視した戦いで結果を手繰り寄せた。

4日前のベトナム戦では、4−4−2というシステムを採用し、より理想に近いサッカーを展開したが、ホームのサウジ戦では3−5−2にシステムを変更した。

この変更は自分たちの良さを出すことよりも、相手の良さを消す事を優先した為の対応だろう。

強力な2トップを持つ相手に対して、2ストッパー+カバーの3バックでリスクを最小限にし、各選手もそれぞれのクラブと同じような役割・ポジションでリスクを減らした形だ。

引き分けでも五輪出場権が得られるのだから、この選択肢は間違いではないだろう。

ゲームの方はかなり危ない場面もあったが、全体的に見れば手堅いものだった。点数を取れそうな場面も何度かあったが、相手との力関係を考えれば容易に点が奪えるものでは無かった。

残り数分を残した場面での時間の使い方では、このチームの成長ぶりも見て取れた。チーム全体として引き分けを狙うという意思統一がされており、現実的な選択が出来る大人のチームになったと感じられた瞬間だった。


このチームが劇的に変化したのはU20世代の台頭と融合によるものだ。特にこのゲームのMVPとなった柏木の存在は非常に大きかった。

元々、本田・家長・水野など技術的に高いスキルをもつ選手が多いチームだったが、どこかクールで淡泊なイメージで、メンタル的な強さが感じられなかった。しかし、そこに、U20世界大会を経験した悪ガキ世代、柏木・森島・安田・内田などが加わった事でチームのムードは劇的に変化していった様に思う。

ムードという意味では、ガンバの安田の存在が特に大きかったのではないかと思うが、戦術的・技術的な部分では、中盤に動けるファンタジスタ柏木が加わった事でチームがスケールアップした。

日本というチームは、いつの世代も必ず日本を代表するような司令塔タイプのゲームメーカーが生まれてきた。しかし、U23世代のチームには優れたサイドアタッカーはいたが、司令塔タイプが不足していた。

現代サッカーでは優れた司令塔よりも優れたサイドアタッカーの方が重要だと言われているが、日本という国に限ってみれば、やはり司令塔タイプの選手の質でチーム力が劇的に変わる事も事実であり、この部分が足りないピースだったと思うのだ。

そう言う意味で柏木の加入は非常に重要な意味があったと思うのだ。

正直いって、純粋な力関係を考えれば五輪出場はそう難しいものでは無いと自分は思っていた。しかし、持っている力を出し切るという事こそが、とても難しいことなのだと、この戦いを見ながら感じた。

ここからは、アジアモードから世界モードに切り替えていかなければならないが、より多くの試合をこなすことが2010年W杯に繋がっていくだけに、今まで以上に結果にこだわってやってもらいたい。

(でも、できれば何試合かは美しいゲームも見たいです・・)


人気blogランキングへ
ブログパーツ
posted by Ryon at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by RSSリスティング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。