2007年11月28日

これがベストの選択か? オシム後任岡田氏へ



脳梗塞で倒れたオシムの後任監督が岡田武史氏に一本化されたらしい。

2010年南アフリカW杯アジア3次予選が来年2月6日から始まることを考えれば、今後の方針、監督選びが急務であることは間違いないが、この選択はベストの選択だろうか?

基本的な考え方として、現在のオシム路線を継承しつつ、スムーズに日本の指揮が執れる人選ということで日本人監督でというのがあるのだろうが、オシムのサッカーと岡田氏の目指すサッカーの質はかなり違う様に自分には感じられる。

しかし、これからのスケジュールを考えた場合、何を重点に考えるかで監督選びが変わってくるのも事実だろう。

今後の日本代表を考えた場合に特に重要な要素は、

@W杯予選突破
AW杯本戦での好成績
B日本サッカーのレベルアップ

の3点ではないかと思うが、どの項目にプライオリティをおくかで選択肢は変わってくる。
また、オシムとの関係をどの程度重視するか(重視したいか)によっても変わってくるのではないだろうか。

今回の岡田氏への流れは、@のW杯予選突破を最優先した選択だろう。
@を実現するための要素としては、現在の日本に対する理解度の高さ、オシム路線を壊さない(スムーズな継承)、ある程度の統率力(カリスマ性)という所かと思うが、この条件を満たせる中でもっとも条件が合うのが岡田氏だったという事だろう。

この他の選択肢としては、現A代表コーチの大熊氏や五輪代表監督の反町氏の昇格というのも可能性としては有りだと思うが、カリスマ性が足りない事が問題となる。しかし予選突破後、本戦はオシムでと考えるのであればこちらの方がより良い選択に思える。


AのW杯本戦での好成績、Bの日本サッカーのレベルアップを最優先と考えた場合、岡田氏は適任とは思えない。

まだまだ日本は世界から後れをとっている事は事実であり、世界のトップクラスの国や指導者から学ぶべき事が沢山ある。岡田氏への流れはこの部分の進歩を遅らせてしまう要素になってしまうのではないだろうか。

外国人監督を迎えた場合の懸念材料は、ここまで積み上げたオシム路線が無になってしまう事への恐れだろうが、オシムがやろうとしていたサッカーは決して世界のスタンダーからはずれたものではなく、むしろ、現在の欧州サッカーのスタンダードに近いものだろう。そう考えれば、オシムの築いた基礎の上に、素晴らしいサッカーを構築できる監督は沢山いると思うのだ。

基礎を築いたオシムが、その上にどんな家を建てたかったは判らない。
しかし、オシムといっしょに作業をしていた弟子達がそれを想像しながら家を建てるのが良いか?、その弟子達の意見を聞きながら日本の名匠が家を建てるのが良いか?、それとも世界的な名匠に自由に家を建ててもらうのがよいか?

私は見慣れた日本的な家よりは、見たこともない世界の名匠の家を見ることが今後の日本の為になると思うのだが。


人気blogランキングへ
ブログパーツ
posted by Ryon at 10:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本代表2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

代表監督人事
Excerpt: 日本代表監督人事のやりとりを見ていて、あらためてサッカー監督の要素を考えて見た。
Weblog: ジーコの素顔
Tracked: 2007-11-28 14:33
Powered by RSSリスティング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。