2007年12月03日

大逆転V 鹿島10冠達成!

鹿島アントラーズが6年ぶり5度目のリーグ制覇とともに、悲願の10冠を達成した。

浦和、G大阪2強と思われた今年のJリーグを制したのは、開幕5戦白星無しでスタートした鹿島アントラーズとなった。

柳沢、本山などの経験豊富な選手に加え、有望な若手選手も育ってきており、良いチームになりつつあるとは思っていたが、まさか優勝するとは思わなかった。

鹿島の優勝にけちを付けるわけではないが、この優勝の側面として他チームの自然脱落という印象も若干残った。

本命の浦和はACLの激闘、日本代表選手を多く抱える事からの蓄積された疲労・怪我。G大阪もナビスコ決勝までの戦いや浦和同様に日本代表選手を多く抱えるという事情。

それと比較し、鹿島にはA代表選手がいない事、小笠原の途中加入などがプラスの要因となり良い結果となったのではないだろうか。

来シーズンには中田浩二が加わる可能性もあり、海外経験選手が3人になりチーム力は上がりそうだが、その反面ACLへの挑戦、日本代表監督交代による新たな代表選手招集などの負担も増えそうだ。

名門鹿島の復活、ACLへの挑戦は日本サッカー界に更なる上昇をもたらす事になるだろうが、選手層を厚くする事無くして成功はあり得ないので、今後のチームの対応にも注目だ。


人気blogランキングへ
ブログパーツ
posted by Ryon at 08:53| Comment(2) | TrackBack(0) | Jリーグ2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
浦和はACミラン(伊)と対戦 いよいよ今日ですね。
どうなんでしょう?
Posted by ueno at 2007年12月13日 17:33
>uenoさん
コメントありがとうございます。
普通に考えればミランですよね。
でも、ミランは初戦ですし、浦和はホームですし、絶対って事はないですよね。
浦和の勝つ確率30%ってとこでしょうか。(ちょっと贔屓目?)
Posted by Ryon at 2007年12月13日 18:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/70641117
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by RSSリスティング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。