2007年12月17日

クラブW杯 ACミランが優勝 浦和は3位 



日本で行われているクラブW杯は、欧州王者ACミランの優勝で幕を閉じた。

各大陸王者が世界一を賭けて戦う大会にも見えるが、実際には世界一レベルの高い欧州リーグのチャンピオンに各大陸のチャンピオンが挑戦する大会というのが正しい見方だろう。

今回の大会を振り返れば、
欧州>南米>アジア>アフリカ>北中米カリブ>オセアニア
という実力順という事になるのだが、実際には
欧州>南米>アジア=アフリカ=北中米カリブ>オセアニア
というのが正しい見方ではないだろうか。

個のレベルでは南米も劣らないのかもしれないが、そこには将来性という要素が含まれており、その原石たちも最終的には欧州リーグで磨かれる事で輝きを増して行くというのが今のサッカー界の流れだ。

カカのような選手もブラジルから欧州に渡り経験を積んだ事で今の価値になっているのだと思う。


大会のスタイルや価値については人それぞれに感じることはあるだろうが、今回のACミランのように欧州チャンピオンが高い意識で望んでくるのであれば世界のサッカー界にとっては計り知れない意味がある大会で有り続けるだろう。

南米のクラブにとっては、欧州でトップクラスの選手はほとんど南米の選手達であるというプライドを満たす機会になるし、アジアやアフリカなどのクラブは世界最高レベルを知る機会になる。
オセアニアも、世界に挑戦する為に必要なレベルがどの程度なのかを知ることができる。

サッカー界の底上げになる大会だろう。

今回アジアチャンピオンとして大会に参加した浦和にとっては、世界一のレベルを体感する良い機会になったはずだ。しかも、アフリカ王者に勝って大会3位で終えることが出来た事もポジティブな結果だろう。
次の目標は南米のクラブのレベルに近づく事だろうか。


来年はACLに日本からは3チーム参加する事になる(浦和・G大阪・鹿島)が、なんとかアジアチャンピオンになってもらい今回のような素晴らしい体験を私たちに提供してもらいたい。

日本のクラブが世界に挑戦している姿を見ることは、我々サッカーファンにとって、この上なく心地よい体験となった。


人気blogランキングへ
ブログパーツ
posted by Ryon at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外サッカー2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by RSSリスティング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。