2007年12月31日

今年最後の

何故かは判らないが、アジア杯以降少しずつサッカー熱が冷めていき、徐々にブログ更新が滞ってしまった。
しかし、サッカーニュースなどには毎日目を通していたし、試合があれば録画もしていた。仕事の関係で生でTVが見られなかった事が最大の要因だった事は間違いないが、日本代表があまり刺激的では無いと感じていたのかもしれない。

いや、刺激的では無いというよりも、順調すぎてつっこみ所があまり無いという方が正しかったか。

オシムが創ろうとしていた日本サッカーのスタンダードは、可能性を感じさせるものだった。
豊富な運動量をベースに、パス&ムーブを基本とした日本人にフィットしそうなサッカーだ。

フィニッシュの部分でまだまだ改善の余地があったが、おそらく解決策をオシムは持っていただろう。オシムの退任により最終形が一生見られないことが残念でならない。


日本代表はオシムから岡田に引き継がれた。しかし、岡田の志向するサッカーがサッカーの質においてオシムを越える可能性はかなり低いのではないだろうか。

オシムと岡田では世界を知る為の経験値が大きく異なる。オシムが目指すサッカーでは”リスクを恐れず攻撃する”という事が一つのポイントだったが、それも世界基準を知っているからこそ出来ることで、どこまでのリスクが可能かという基準が明確になっていて初めて指導できる部分でもある。

国内リーグでの優勝経験はあるものの、W杯3連敗という実績だけでは、到底オシムのレベルには届かないだろう。

選手のレベルを考えれば、W杯アジア予選は誰が監督になっても、勝つ確率の方が高いだろう。アジアのレベルは年々上がっている事は事実だが、確実に日本よりも強いといえる国はほとんどないと思う。

岡田監督でもW杯予選を通ることはそう難しくない様に感じる。全く戦術的な指導をしなくても本戦まで行けたジーコ時代を考えれば、オシムが作り上げた強固な土台と、リーグ優勝の経験だけでも十分戦えるのではないだろうか。

だが、その反面、岡田ジャパンが、W杯本戦で世界を驚かせる事は難しい様に思う。本当の意味で世界を経験していない監督なのだから、この部分で期待できないのは仕方がないことだろう。

微かな望みは、解説者時代に多くの海外サッカーに触れたことで新しい引き出しが増えている事だが、どうだろうか?


人気blogランキングへ
ブログパーツ
posted by Ryon at 00:20| Comment(5) | TrackBack(0) | 日本代表2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご機嫌いかがでしょうか。
日本サッカーの変化を感じた一年でした。
鹿島は走るジーコジャパンというべきかブラジルスタイルの戦術を日本人の献身性を活かして完成させました。
走らないオシムジャパンな浦和は日本人の守備能力の向上を感じさせてくれました。

オシムのチーム作りは興味深かった。
個の守備力が鍛えられるマーク&カバーでの積極的な守備にパス&ムーブのシンプルな組み立て。
サイドで数的優位を作ってのサイドチェンジを繰り返すことで相手を揺さぶるポゼッション。遠藤らエキストラキッカーが自由に基点となってスペすを走る選手を活かす攻撃。
目指すシンプルサッカーの下地を作ってから、日本自慢のタレントに役割を与えていくことで日本スタイルを完成させようという意図を感じました。

オシムはうまい選手にも走ること、選手やサポーターたちが自分たちで考えること促してくれましたが、強引なところがなくチームの連携を「丁寧に築いて」いく監督であったとおもいます。
岡田氏になって攻撃ではもっと強引な仕掛けも見られるでしょうから、見た目にはまた面白く新たな日本的要素が出てくるかもしれません。

(勢い任せの)組織プレスや(世界で通用するとは思えない)特定の個人が輝く「スタイリッシュなサッカー」に見飽きた私にはオシムのアプローチは見ごたえがありました。
日本サッカーの方向性としては健全(フェアー<日本の美学だと思う)で成長の期待できる型を見せてくれたとおもいます。
お邪魔しました。
Posted by cska352 at 2008年01月07日 23:19
>cska352さん
お久しぶりです。

”日本代表を日本化する”と宣言したオシムですが、これは世界と比較した上での日本人の特徴や優位性を理解している外国人監督ならではの発言だったように感じます。

「自分のことは自分が一番判っている」と誰でも思いがちですが、本当の自分は「周りから見えている自分」という事もまたひとつの真実であり、多くの人が気づいていない部分でもあります。

そう言う意味でも、日本を、日本人を非常に深く理解しているオシムが作ろうとしていた日本人のためのサッカーが最後まで見られないのが残念です。

話はそれますが、最近『日本絶賛語録』という本を読みました。ここには、日本にゆかりのある(有名・無名の)外国人から見た、日本と日本人が書かれているのですが、我々日本人が忘れたり、放棄してきた日本人の美点が、オシムの考える”日本化”に深く影響している様に感じました。

体力や技術なども大事ですが、日本化のキーワードは、過去から受け継がれている”精神”にこそあるという気がしました。


今年もよろしくお願いします。
Posted by Ryon at 2008年01月08日 09:42
>日本化のキーワードは、過去から受け継がれている”精神”にこそある
こればかりは海外で磨いてくるわけには行きません。
最先端を見ている外人監督でも伝えられないですね。

オシムは監督でなく選手がシステムを作る手法をとっていたのがよかったと思います。それがチームスタイルの変化に現れていました。
日本のタレントに合わせて中盤を厚くし(2バック固定)、
稲本・今野・阿部やケンゴ・遠藤・俊輔・松井を共存させるためクラブとは違う代表チーム内での役割を意識付けさせていたことに表れていたとおもいます。
選手に依存しながらも世界と戦う上で必要なシンプルで効率的なプレーをするようにしつけていたとおもいます。
オシムもチームを作りながら日本人の意外な一面を見つける日々だったのではないでしょうか。
アジアカップで詰めが甘かったのも、綺麗なゴールがあったのも、フェアプレー賞が取れたのも選手たちが日本らしさを出してくれたからでしょう。

>「自分のことは自分が一番判っている」と思いがちですが・・・
また人生観になって恐縮ですが、創造者なる神を信じている私は、生みの親である方々が一番分かっているし愛情を持っているとおもいます。(それで例えば真のクリスチャンは聖書が神の言葉だと知って生きる指針とするわけですが)

日本文化は日本の人々が作ってきたものであり、サッカー文化は欧州や南米が率先して作ってきました。
世界を知る監督が来て戦術やトレーニングを教えてくれるのはありがたいことです。
Posted by cska352 at 2008年01月08日 13:45
こんにちわ!
今日のタイ戦、、どうでしょう?
予選の組み合わせを見ても、オイルマネー・資源マネーの勢いのあるところだけが残っている感じを受けます。
今日の対戦相手のタイも、元首相タクシン氏が、英イングランドの「マンチェスター・シティー」を買収してオーナーを務めているくらいですから、スポーツの世界も「投資」のイメージです。
日本経済が落ち込んでいる中、”ガンバレ、ニッポン”

「品格」本が売れる世の中、それだけ品格が無くなった現れでしょうか。
勝負は勿論、フェアープレイでも”ガンバレ、ニッポン”
Posted by ueno at 2008年02月06日 13:49
>uenoさん
コメントありがとうございます。
岡田監督が同一グループの中ではタイがいちばん良いサッカーをするという様なことを言っていましたが、アジアカップで見た感じでは、うまくパスを繋ぐ好チームという印象でした。
日本を若干スケールダウンさせたような感じというか、数年前までの日本という感じというか。
サッカーの質や目指しているスタイルはかなり良いと思います。(私は結構好きなスタイルです)

力関係で言えば日本の方が数段上とは思いますが、結構おもしろい試合になるような気がします。
Posted by Ryon at 2008年02月06日 15:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75565971
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by RSSリスティング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。