2008年03月27日

進歩していない日本代表 バーレーン1−0日本


■今後を占う大事な一戦

2010年サッカーW杯南アフリカ大会アジア3次予選・グループ2、バーレーンvs日本は、ホームで戦うバーレーンが日本を1−0で下しグループ首位に立った。

日本にとってはグループ最大の敵とのアウェー戦という事もあり、3次予選で一番重要な試合だったが、勝ち点を奪うことができなかった。

今回はかなり長い準備期間もあり、スケジュール的には万全に近いものがあったが、しかしながら、主力選手の相次ぐ怪我により、岡田監督が当初思い描いたようなチームは作れなかったと思われる。

私がゲーム前に気になったポイントは、システムが3−5−2となったこと。CBが中澤以外は、阿部・今野というCBが本職ではない選手で構成されたこと。不動のメンバーだった遠藤が先発ではなかった事の3点だった。

3−5−2からは勝利と同じくらい引き分けでも良いというメッセージが含まれている様に感じたが、CBには守備力よりも展開力に優れる選手を起用した事で、攻撃的に行くというメッセージにも見えた。
また、遠藤ではなく山瀬を選択した点もより攻撃的な印象を与えた。

アウェーでの最大の敵と戦うチームとしては、目指すスタイルや目標が中途半端に感じられ、正直どうなるのだろう?という感じだった。

岡田監督に代わってからの日本代表は、W杯予選のタイ戦や東アジア選手権などの公式戦をすでに戦っているが、Jリーグのシーズン前だったり、主力選手の怪我などで満足な状態で試合を行った事がなかった。その結果選手の底上げや新戦力の発掘などにはプラスになったが、岡田監督の目指すサッカーの形はほとんど見えなかったのが実状だ。

ある程度の準備期間を取ることができた今回の試合が、今後を占う大事な一戦となると私は感じていた。


■進歩していない日本代表

バーレーンとのアウェー戦を見ていて感じたのは、いったいどんなサッカーがしたいのか?というほどのスタイルの無さ。そして、オシム時代の財産である”走る”・”繋ぐ”というプレーが見る影も無いほど失われている事への落胆だった。

W杯予選は勝ち点を取ること、勝つことがもっとも大切で、内容は二の次という考え方もあるかもしれないが、それではジーコ時代と何ら変わらない。時間帯によっては内容を放棄して結果を求めることを否定しないが、ゲームを通してその様な姿勢であってはならないと思うのだ。

多くの攻撃的な選手でチームを構成していながら、攻撃の形を提示できなかった岡田ジャパンに明るい未来を感じられなかったのは私だけだろうか?


この敗戦がW杯出場危機に直結するとは、まだ思わないが(まだ十分挽回の余地があると思う)しかし、内容よりも結果を重視した(と思われる)戦い方で負けた責任は重大だとも思う。

サッカー協会は岡田監督の後任人事も考えておく必要があるのではないだろうか?

サッカーファンはジーコ時代から多くのことを学んでいるのだから。

人気blogランキングへ
ブログパーツ
posted by Ryon at 10:14| Comment(3) | TrackBack(0) | 日本代表2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご機嫌いかがでしょうか

岡田氏のサッカー観はオシムらとはかけ離れている気がします。

ホントはもっと走って高い位置で奪って手数をかけずに攻めきるサッカーがしたいのでしょう。
でも後ろでリスクを冒したくないのでトルシェのようにラインを上げることはせず、ポリヴァレントDFのキックに期待する。
結局中盤に人数が足りず、FWに入れたい楔も遠くて入らない。
楔が入らないと周りが走っても展開できない。
悪循環です。

タイ戦では縦(FW)に入れる意識やすばやくボールを動かす意識が、カウンターでのゴールを生んでいました。
いわゆる2バックにした方が攻撃の人数も増やせラインも上げやすいでしょう。


オシム以上に走るプレッシングを志しながら、丁寧に組み立ててボールをキープするのでなくすばやく攻めきるスタイル。

「理想」に無理があるのに、「現実」も求められる。
欲張ってもいいことはありません。

ジーコのほうがまだ現実的。
リスクを冒すより個人の力でボールをキープしながら何とかしていました。

壊すのは簡単でしたが、チームフットボールを作り上げるのには時間が掛かります。
タレントの力に頼るサッカーに収まるのでしょうか。


Posted by cska352 at 2008年03月28日 13:13
再度失礼します。
岡田氏をもう少し擁護したいです。

バーレーンのマチャドやチリのビエルサは一対一を多く作って日本チームから個の分断を図りました。
W杯でヒディンクが日本に対してやった作戦です。
束になれば強いチームに1対1の局面を多く作って挑んだのです。

このきついやり方をしない相手なら岡田氏が準備してきたサッカーができたでしょう。
オシム氏ならこのやり方をされても相手より動いて連携を保つよう励ましたでしょう。

この試合でうまく行かなかったことで自信を失って欲しくはないですね。

お邪魔しました。

Posted by cska352 at 2008年03月28日 14:56
>cska352さん
コメントありがとうございます。
バーレーン戦を見ている限りでは、岡田監督が目指しているサッカーのスタイルは私にはよくわかりませんでした。

オシム流を継承するにしては、DFラインが低く、運動量も乏しい。中盤でのポゼッションを高める為に必要な遠藤のようなキープレーヤーも起用しない。
カウンターで早いサッカーをするにしては、DF専門の高さや強さのある選手ではなく、阿部や今野のようなポリバレントな選手を起用している。

今日のニュース記事に岡田監督のコメントとして”今後は自分流でやる(オシム流は継承しない?)”というような事が書いてありましたが、これで岡田監督の目指すサッカーの形が明確になるかもしれませんね。

しかし、私としては日本代表のサッカーが”勝つためだけ”のつまらないサッカーにはなってもらいたくないと思っています。

まあ、なにが面白いかは人それぞれなのでしょうが・・・。
Posted by Ryon at 2008年03月29日 23:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by RSSリスティング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。