2006年12月18日

理想と現実と バルセロナ0−1インテルナシオナル

日本で開催されたクラブワールドカップ決勝、世界一美しいサッカーをするクラブFCバルセロナは、南米代表インテルナシオナルに1−0で敗戦した。

ゲームを支配していたのはバルセロナの方だった。

いつも通りの攻撃的なサッカーでほとんどの時間ゲームを支配していたが、インテルナシオナルの堅い守備の前に、決定期をものに出来ない。
逆にチャンスの少ないインテルナシオナルは、ここしかないというチャンスにすばらしい決定力を発揮し得点した。

チーム力では圧倒的にバルセロナが上だった。そのバルセロナに勝つためには組織的に守って、少ないチャンスにカウンターという戦い方しか勝ち目は無かっただろう。インテルナシオナルはまさにこのゲームプランを実行し、そして勝ったわけだが、ここにサッカーの一つの姿が存在している。

理想的な美しいサッカーにこだわるバルセロナ、勝つために現実的なサッカーを選択したインテルナシオナル。

守備的に守りながら、本来持ち合わせている”個人技のスキル”を数少ないチャンスに確実に生かす事を考えたインテルナシオナルと、攻撃的に行きながらチャンスを数多く作り出す事に”個人技のスキル”を使い果たしてしまったバルセロナとの差が結果となって現れた様に感じた。

10回戦えば7〜8回くらいはバルセロナが勝つと思うが、これが一発勝負のトーナメントの怖さなのだろう。


しかし、このクラブワールドカップという大会、欧州代表クラブにとっては難しい大会だ。はっきり言って世界一を決める大会とは言い切れないこの大会に多くのモチベーションを持って参加することは出来ないだろう。

欧州代表以外のクラブにとっては、世界一のクラブと対戦できる唯一の大会でもあり意味のある大会だと思うが、日本テレビが盛り上げるほどにはすばらしい大会とは言えないのが現状だ。

本当の意味で世界一のクラブチームを決める大会になればすばらしいのだが、現在のサッカー界の過密スケジュールではそんな大会を増やすことは到底不可能な話だろう。

マスコミの作り出す”世界一の称号”が虚しく響いた夜でもあった。

人気blogランキングへ
ブログパーツ
posted by Ryon at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外サッカー2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

ジーコさらに炎上中

元日本代表監督ジーコ率いるフェネルバフチェが、今期昇格したばかりのブルサスポルにホームで敗戦した。

現在のところ2敗しているが、どちらも今期昇格したばかりのチームという事でジーコの立場は非常に厳しいものだと予想される。

number 9/21 661号 『フェネルバフチェ ジーコ、炎上中』というコラムの中で詳しくかかれているが、フェネルバフチェは今期クラブ創立100周年を迎え、リーグ優勝、UEFA杯優勝(本当はチャンピオンズリーグでの好成績が目標だったが早々と敗退)が至上命令とされている。

ジーコがフェネルバフチェの監督となった経緯としては、ポルトガル代表監督のスコラーリ、元ブラジル代表監督のパレイラから断られて、そのパレイラが推薦したジーコに決まったと言われているが、それでも当初は、名選手であったジーコは歓迎されていた様だ。

ジーコが目指すサッカーはここでも攻撃サッカーだ。我々日本人が4年間見続け、そしてドイツで惨敗したあのサッカーを展開している。

トルコリーグのサッカーも特徴はその攻撃的スタイルにあるようだが、欧州リーグに属している限り、ジーコの様なアバウトなサッカーが通用するわけがないと私は思う。

ジーコが日本を去る前に、我々日本人に言い放った『フィジカルが足りないから負けた』といういいわけは、ここでは通用しない。今のところジーコのいいわけは、”コンビネーションを高める時間が足りない”という、日本でもお決まりだった言葉で説明されているが、日本人のように気長に待てるはずのないトルコ人のなかで、どこまで引き延ばすことが出来るだろうか。

ジーコが致命的なのは、その戦術的、組織的な指導法の引き出しの少なさであることは明白だ。目の肥えた欧州のサポーターをいつまでも欺く事など出来るはずがない。

すでに一部サポーターからは、その戦術の無さ、守備組織の無さを見透かされ”フェネルバフチェの指揮を執るレベルの監督ではない”と思われているようだが、相変わらずの強運でUEFA杯グループリーグ進出を勝ち取ってしまったのはさすがジーコというところだろうか。

しかし、今回のホーム敗戦という結果により、落ち着きかけた去就問題が再燃することは間違いなさそうだ。

ジーコの哲学はすばらしいものだが、現実を見つめること、他の優れた指導者から謙虚に学ぶことをしない限りは、成長することはないだろう。

日本がジーコに与えた4年間が、無駄にならないことを祈る。


【参考コラム:ジーコインタビュー 今こそ本心を語ろう
posted by Ryon at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外サッカー2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

Q.もっともバランスのとれた日本人選手は?

「彼はチームのリーダーになると思っている。大きな責任になるが、このチームにはリーダーが足りない」


このコメントは、ガラタサライのゲレツ監督の稲本に対するコメントだ。

チャンピオンズリーグに出場するクラブに、戦力として移籍できた事は、稲本にとってとても良いことだと思っていたが、監督からこれほど期待されているならなおさらだ。

ガンバ時代の稲本のもっとも優れたところは、守備力と展開力にあったと思うのだが、プレミアリーグに移籍したことでより攻撃力が増したイメージがある。

現在の稲本は、守備も攻撃もバランス良くハイレベルにこなす、セントラルMFと言える。

日本では、守備的、攻撃的と選手をどちらかに分けたがるが、稲本という選手はそのどちらも均等に持っているように見える。

稲本のメンタル的な側面については、今まで特別意識してみたことはなかったが、今回のゲレツ監督のコメントを聞いて、あらためて感じるものがあった。
稲本といえば、日本ではゴールデンエイジと呼ばれる世代の代表選手だが、この世代でのリーダーは小野であろう。

他に小笠原・遠藤・高原なども同世代で、それぞれのクラブではリーダー格ではあるが、日本代表という枠で考えればやはり小野の能力・経験・リーダーシップは群を抜いているように思われる。

”number 7/12臨時増刊号”の『79年組の告白』という記事の中で、小笠原が小野のことを”ボス”と呼んでいたことからもそれは伺える。

小野が近くにいるとき、稲本・小笠原・遠藤などは本来持ち合わせているリーダーシップを発揮する場面はそれほど多くはないのだろう。しかし、この世代の選手たちは皆それぞれ特別な責任感やリーダーシップを持っているように見える。

今までに日本人選手は、海外クラブに移籍しても、まわりのレベルについていくのがやっとで、つねに挑戦者という感じだったが、常時レギュラーという環境ではなかったにせよ、数年間を海外で過ごす選手が出てきたことでコンプレックスは取り払われ、本来の自分を表現できるようになってきているのではないだろうか。

そういう状態になれば、日本人の持つ責任感や協調性などはリーダーには打って付けのように思われる。


今回、稲本についてあれこれ書いてみたが、稲本こそが現在の日本人選手の中でもっともバランスのとれた選手ではないかという思いが強くなった。

自分が考えるバランスのとれた選手とは・・・
”もしも一人の選手でチームを構成するとしたら誰を選びますか?”という問いに対する答えだと考えている。

私なら稲本が11人の4−4−2(中盤はフラット)でチームを作ろうと思う。

みなさんなら誰でチームを作りますか?
posted by Ryon at 10:07| Comment(2) | TrackBack(1) | 海外サッカー2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

平山↓↓ 稲本↑↑

日本代表の中東遠征メンバーを見ようと思ってインターネット中に、久しぶりに思わず声が出るほど驚いたニュースが2つ。

・稲本獲得を発表 トルコの名門ガラタサライ
・平山に戦力外通告「必死さがない」


ちょっと予想外のニュースで、どちらも意表を突かれたが、移籍締め切り期間最終日に明暗が分かれる結果となった。

日本にとっては、どちらかというと話題が少なくなっていた稲本は、トルコの名門ガラタサライに移籍という明るいニュース、そして、期待の星でもある平山が戦力外通告という暗いニュースというあまりにも意外で対照的な結果だ。

特に平山に関しては、今後のオリンピック代表・日本代表にも関わる問題なので、これからの動向に注目だ。

今からじゃ(本日移籍期間最終日)、新しい移籍先なんて見つからないよね。
どうなる!平山!!
posted by Ryon at 09:08| Comment(2) | TrackBack(4) | 海外サッカー2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

日本人がスペイン1部監督資格を取得

サッカー監督という仕事
サッカー監督という仕事
日本人である元テレビ局社員・中谷吉男氏(35=前マジョルカジュニアユースコーチ)がスペイン1部リーグの監督資格となるコーチライセンスの「レベル3」を取得したそうだ。

これは、日本でいえばS級ライセンスと同等のようで、国際サッカー連盟、欧州連盟の指導者資格も併せ持つというスゴイ資格だ。

Jリーグが出来て、日本のサッカーも世界に知られるようになった。また、中田の存在により日本人選手も世界に認知されつつある。しかし、指導者はほとんど世界に出ていってはいない。

日本代表を指揮しているのが、外国人監督という現状を考えれば、日本人指導者が世界に認められるためには今回のように、海外に自分から出ていって、そこで少しずつステップアップするしか方法は無いのかもしれない。

遠い道のりだが、一歩一歩進んでいくしかない。

posted by Ryon at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外サッカー2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by RSSリスティング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。