2007年01月08日

岩手県勢初の全国制覇 盛岡商2―1作陽

第85回全国高校サッカー選手権は岩手県代表の盛岡商の優勝で幕を閉じた。

3万6000人の観客が集まった国立で、岩手の代表が2―1で作陽(岡山)に逆転勝ちし高校サッカーの頂点に立った。

盛岡商が日本でもっとも強いチームだったかと言えば、必ずしもそうではなかったと思う。しかし、この過酷なトーナメントを勝ち抜く為のメンタリティ、そして少しだけの幸運を掴むことが出来たのは、東北という気候の厳しい地域のチームだったという事と無関係ではないだろう。

決勝戦を振り返ると、パスをつなぐ作陽とカウンターを狙う盛岡商という、スタイルの異なるチーム同士の戦いとなったわけだが、チャンスの数では作陽の方が上まっていた。

DFラインがかなり高めに設定されている盛岡商に対し、作陽のFWは再三裏を狙ってきた。作陽のFWは非常にスピードがあり、度々盛岡商DFを置き去りにしたが、決定的なチャンスに決めることができなかった。

後半に入り、作陽はエースFW村井を投入、その村井の巧みな切り返しによるシュートがクロスバーに当たり、その折り返しをDF桑元が頭で押し込み先制。
その後PKを得た盛岡商だったが、2年生MF林がそのPKを外してしまい、重苦しいムードが漂った。

盛岡商は、素早いカウンター攻撃を繰り返していたが、前線の選手は、ずば抜けたスピードがあるわけではなく、また、2列目から追い越すような攻撃も見られず、逆に非常に単調な攻撃となってしまい、作陽のペースになっていた。
しかし、後半26分、盛岡商の左サイドからのクロスをPK失敗の林が決め、1−1同点とした。

その後も一進一退の攻防が続いたが、後半40分に同じような形でFW成田が左サイドを突破し、そのセンタリングをMF千葉がゴール右隅へ流し込んで逆転し、優勝が決まった。


今回決勝に残った両チームにはずば抜けたタレントは存在しなかった。しかし、どちらもチーム戦術に優れた、日本の育成システムの成熟から生み出されたようなチームだった。
今回の結果は、日本全体の育成レベルが上がってきている事の証明と言えるのではないだろうか。

盛岡商が優勝できた要因の一つとして、準決勝の八千代戦が雨天の中で行われたという事は見逃せない要因だ。
今大会でも優勝が期待されていた野洲を4−1で破り準決勝に勝ち上がってきた八千代は、今大会屈指の攻撃力を誇るチームだったと思われる。

その八千代の攻撃はパスを基本にしたものだったが、雨天のグラウンドではその威力を十分には発揮できなかった。
盛岡商のサッカースタイルであるカウンター攻撃が雨天に有利だったというわけではないが、しかし相手が良さを発揮できなかったこと、そして状況にあった攻撃ではなく自分らしさにこだわった事が、盛岡商の勝利という結果になったのではないだろうか。

盛岡商が雪国のチーム故に、ぬかるんだグランドに慣れていたという見方もできるかもしれないが、そのあたりは技術的な面よりは、メンタル的に落ち着いて出来たという部分でプラスになったのではないだろうか。

昨年の野洲のような衝撃は残せなかったかもしれないが、しかし、地方のチームの指導者にとっては野洲が優勝したときよりも、希望が持てる結果になったのではないだろうか。


人気blogランキングへ
ブログパーツ
posted by Ryon at 22:13| Comment(6) | TrackBack(4) | その他2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

あけましておめでとうございます♪

みなさん、あけましておめでとうございます。
2007年になってから5日も経ってしまいましたが、仕事柄年末年始は大忙しで、2007年初投稿が遅れてしまいました。

2007年の一発目はやはり天皇杯決勝戦から書くべきなのでしょうが、実は試合を見ていないので、仕方が無いので、2007年になってからネットで見た情報から気になるものをいくつかピックアップしてみます。

◆浦和レッズ天皇杯2連覇
やはり、浦和の強さは本物でした。G大阪もここまで来たというだけでもその強さは証明されたようなものですが、ベストメンバーにはほど遠いメンバーでも優勝してしまう浦和の層の厚さ・強さはすばらしいものです。

監督が替わってチームがどう変わるのか多少心配ではありますが、今年もJリーグの中心として盛り上げてもらいたいですね。
それから今年はACL(アジアチャンピオンズリーグ)もありますので、出場する浦和か川崎に是非アジアチャンピオンになってもらいたいと思います。

◆高校サッカー開幕! 期待の野洲敗れる
冬の風物詩「全国高校サッカー選手権大会」が始まりました。
やはり今年も野洲旋風に期待していたのですが、3回戦で八千代に4−1で大敗し姿を消してしまいました。八千代は1回戦で国見も敗っており、只今注目の的になっています。
1/5現在ベスト4まで出そろいましたが、私の地元岩手の盛岡商も残っており、次の八千代戦は非常に楽しみなカードです。

◆小野代表目指す
浦和MF小野が今年は日本代表入りを目指すと宣言したようです。
天皇杯で復活を印象づける活躍をしたことで、更に高いレベルのサッカーがやりたくなったのでしょう。小野のような経験も技術もある選手が代表に加わったらどんなサッカーを見せてくれるでしょうか。
ドイツ大会以降「サッカーに飢えていない」というような事を言っていて心配だったのですがもう大丈夫でしょう。

◆元大宮三浦監督 J2札幌へ
他にも沢山の監督人事があったのですが、個人的に好きな三浦監督の去就が一番気になっていました。
今年はJ2で指揮を執りますので、ベガルタ戦で仙台にも来るでしょう。なんとかゲームを見に行きたいですね。



オシム監督は短い休みに入っているようですが、今年はアジアカップがありますので真剣勝負の日本代表が見られそうです。オリンピック予選や世界ユースなど今年も話題豊富な一年になりそうですね。


人気blogランキングへ
ブログパーツ
野洲スタイル野洲スタイル
山本 佳司


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by Ryon at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | その他2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by RSSリスティング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。