2010年07月02日

日本サッカー界が得たもの(2010年W杯総括)


■すばらしい結果を出した日本代表

日本代表の2010年ワールドカップが終了した。

結果は皆さんご存知の通り、予選リーグを突破しての「ベスト16」だったが、現実的な目標値をクリアするすばらしい結果だったと思う。

正直なところ本戦前の状況から考えれば、これはあり得ないほどの成功であり誇るべき結果だろう。

大会中、大会後の(試合に出て結果を出した)選手たちのポジティブな感想を聞いていても、今回のチームが一戦一戦進歩し、良い状態をキープしていた様子が伺えた。


■ポゼッションサッカーから守備的システムへ

大会前にあれほど苦しんでいたチームがなぜこれほどの結果を出せたのだろうか?

もっとも大きな理由は、本田を1トップ、阿部をアンカーに置くシステム変更とゾーンで守る事を徹底した戦術的な変更がある。

本戦前までの日本代表は中村(俊)を中心としたショートパス主体のポゼッションサッカーを志向していた。右サイドの中村(俊)、内田という攻撃に特徴のある選手の仕掛けからチャンスを作り得点するという事をひとつの武器としていたが、本番を前にこの二人のコンディションが上がらず、結果守備力の低い普通の選手となってしまっていた。

守備に穴がある状態では世界レベルのチーム相手では勝ち目が無い事を、国内最終戦である韓国戦の惨敗で認識した岡田監督は、本戦まで1ヶ月を切った時期にもかかわらず、3バックやアンカーを置く守備的システムの模索を始めた。

その後のイングランド戦、コートジボワール戦で阿部をアンカーに置く4−1−4−1システムの採用と、低い位置でのゾーンディフェンスからのカウンターという、”失点しない事”を第一目的とした戦術で、ある程度守れるという感触だけは得ることができた。

しかし、得点を取らなければ勝てないのがサッカーだ。

一人の能力で点を取れるような、特別なFWがいない日本代表では、今まで、より多くのチャンスを作り出す事で得点の確率を上げようと試みてきた。その為のポゼッションサッカーであり、決定的なチャンスを作れる中村(俊)だったはずだ。

中村(俊)を外し、ポゼッションを捨て、ボールを奪ったらカウンターというチームに生まれ変わりながら、特別なFWがいない新しい日本代表は、サイドに大久保、松井という運動量もありスピードのある選手を配置する事で、チャンスを作る事を考えた。しかし、大久保・松井がサイドを駆け上がりチャンスを作るためには、どこかでその為の時間を作らなければならない。

普通であれば、1トップにボールをキープできるポストプレーヤータイプのFWを配置し、そこで中盤の選手が上がるための時間を作りたいと考えるはずだ。しかし、岡田監督が選んだ23人にはその様なタイプのFWは選ばれていなかった。

結果、新しいシステム、戦術を機能させるために不可欠なポジションは、23人のなかでもっともフィジカルが強く、決定力のある本田が務める事となった。

本田がこのポジションとなったもうひとつの背景としては、守備的なシステム変更により、中盤に本田が入るポジションが無くなってしまった 事があげられる。


■1勝の重み

初戦のカメルーン戦で勝利しなければ、おそらくグループリーグを突破することができない。勝利が絶対条件というプレッシャーの中で日本代表は結果を残すことに成功した。

カメルーンの調子がそれほど良くなかった事が最大の理由だったと思うが、それでも日本の守備戦術は良く機能しており、得点のシーンも日本が思い描いていた形でのものだっただけに選手たちは”やれる”という自信をつけたのではないだろうか。

特に攻撃では、松井、大久保、本田がそれぞれの役割をキッチリとこなし、流れの中から得点まで取ったのだから文句のつけようがないものだった。

ここでの1勝があったからこその、ベスト16だった事は間違い無い。


■積み上げてきたもの

今回の日本代表を見ていると、何もかもがうまく噛み合っていた印象がある。

特に特筆するべき点は

◎ケガ人や出場停止などの選手がでなかった。

◎高地での試合が多かったが高地対策がうまくいっていた。

◎各国が苦労していた公式球”ジャブラニ”をさほど苦にしなかった。

◎ベテランや控え組がうまくチームを盛り上げてくれた。

◎目標設定を「ベスト4」としていたことで、決勝トーナメント進出後にも気の緩みが出なかった。

◎ゲーム中に試合を決定づけるようなチョンボが無かった。



ケガ人や出場停止選手が出なかった点については運の要素もあるが、それ以外の項目については、ここまで日本代表が積み上げてきた過去の経験を、監督・選手・スタッフ・その他の関係者が重要視し共有できていたという事を証明するものだ。


■日本サッカー界が得たもの

今回の日本代表は、途中まではオシムさんが作ってきたものをベースに発展させようとしたものだったが、最終的には日本人だけで工夫して考えて作ったものになった。

私は岡田監督が日本代表監督になることには最初から反対だったし、今でももっと良い選択肢はあったはずだと思っている。

岡田監督は、最終的に結果は出したが、もう少し早く日本代表と世界との力関係を把握する事は可能だったと思うし、そのための準備や選手選考などにも時間をかける事が可能だったはずだ。

開き直りの一夜漬けテスト勉強でたまたま結果が出ただけと言われても反論は出来ないのではないだろうか?

だが、より良い選択はあったにせよ、今回オール日本人スタッフでワールドカップを戦ったことにも意味や成果はあり、今後の日本サッカーの発展を考えると今回の経験はかけがえのない財産になったような気がする。

一番の成果は、”日本サッカー界の現在地がわかった事”ではないだろうか。

日本サッカーは、多くの外国人指導者や外国人選手などの指導により急速に発展してきた。世界で勝つための多くの方法やメンタリティが取り入れられ、その都度トレンドを変えながら多くの事を吸収してきた。

その多くは選手に還元され、多数の選手の海外進出を進めた。そして個々の選手が世界的に見ても価値があり、通用するという感覚を得る事ができたのだ。

しかし、これまでの日本代表では個々の選手のレベルアップがチームにうまく還元されず、その理由がどこにあるのかもぼやけていたような気がするのだ。

ある監督は、「日本人には守備の文化が無い」と言った。
ある監督は、「フィジカルが弱い」と言った。

日本人としての強み、弱みを理解してチームを作ろうとすれば、最後にこんな言い訳は出てこないのではないだろうか?。

すべて日本人で作り上げた今回の日本代表は、スペクタクルなチームでも攻撃的なチームでもなかった。試合の内容は、日本人で無ければ退屈だと批判されるものだったかもしれない。しかし、予選リーグを突破し、決勝トーナメント1回戦を引き分け、(PKというルーレットのようなもので運悪く負けてしまったが)限りなくベスト8に近づいたのは事実だ。

これは全員が日本人だったからこそ、日本人の強さ・弱さを理解していたからこそ成し遂げられた快挙だと思う。

今現在、日本サッカー界が世界のどの位置にいるのかは今回のワールドカップでわかった。だからこそ、日本サッカー界に関わるすべての人たちは、ここから、世界のトップを目指すために何が足りなくて、何を強化しなければならないのかを真剣に考えなければならない。


今回の日本代表はサッカーのすばらしさをたくさんの人たちに伝えてくれたし、日本人が本来美徳とする献身・努力・思いやりなどを改めて考えさせてくれたという意味に置いても価値のあるすばらしいチームだったと思う。

PKのような不条理なかたちで散ってしまった事は少し残念だったが、それはそれで日本らしい美しい散り方だったと思えてならない。

記録とともに記憶にも残る美しい散り方だった。
posted by Ryon at 13:02| Comment(5) | TrackBack(0) | 日本代表2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

今のやり方で、何かを残せるか?

今さら球際がどうとかなんて感想はない。ただ、自分たちの良さをなくしてしまったような気がする。(守備のやり方を変えたから?)そのことだけじゃない。しっかり戻って守るって話は前から言っていたこと。今からハットトリックできる攻撃力を出せるわけじゃないし、今までやってきたことしかできないんだから。
【内田篤人(鹿島アントラーズ)-コートジボワール戦後コメント】


今まで積み上げてきたものがちょっとずつ消えてきている。カウンターが怖いからといって、サイドハーフとサイドバックが連動して上がる今までのスタイルが全くなくなってしまった。
【中村俊輔(横浜F・マリノス)-韓国戦後コメント】


アジアでの戦いと、世界との戦いでは日本の立ち位置が変わってくるのだから当然同じような戦略でうまくいくわけは無い。しかし、長い予選や数々のテストマッチが直接ワールドカップの為の準備につながっていないとすれば、なんと無駄な時間を過ごしたのかという思いが湧きあがってくる。

岡田監督もワールドカップで結果を出すために、システム変更やメンバー変更をしているのは分かるし、守備システムを整備している現在のやり方は、理にかなった方法だと思える。しかし、いまさらか?と思う気持ちも同じくらいある。

ここにきてからのシステムおよび選手の変更により、今まで選手達がチームの強みだと思って磨いてきたものが、まったく無駄であったかのごとく失われているという現実もある。


不運なところもあったけど、結果をしっかり受け止めたい。どうやっていくべきかが見えたシーンはいくつかあった。分かっている通り、単純につないでも崩せない。最終的にカウンターを使ったり、シンプルにサイドを使った時にゴール前まで行っている。自分たちの形をもっと作りたい
【本田圭佑(CSKAモスクワ)-コートジボワール戦後コメント】


本番ギリギリの今『自分たちの形』をまた模索しなおさなければならない選手たちは不幸ではないか。

現在発売中のnumber 7/15号で「今回のワールドカップに何を望むか?」という問いに対して、中村俊輔は以下のように語ってる。

大げさな言い方をすれば、日本代表は”こうあるべきだ”というものを残したい。もちろん、監督が代わり、メンバーが変われば、チームって変わるものだけど。 〜中略〜 もしかすると、そういうものが確立されるには、あと10年、20年必要なのかもしれない。けど今回のワールドカップがヒントになったとか、方向性が見えたとか、そういわれるものが残せればうれしい。


おそらくオシム前監督が作りかけていた日本代表と、その延長線上にあったはずの今のチームが、新しい日本代表のスタイルを残せるという確信が中村にはあったのだろう。同numberにおいて中澤も『日本サッカーの伝統』というような表現で似たような事を言っていたが、オシム前監督から指導を受けた選手は皆似たような気持ちを持っているのではないだろうか。

”どんな方法でも勝てば良い”という人もいるだろうが、私個人の気持ちとしては、付け焼刃の様な対応で結果を求めるのではなく、”これが日本が目指していたサッカー”だと思えるようなサッカーで世界と戦ってほしいと思っている。

posted by Ryon at 00:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本代表2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

最終テスト コートジボアール戦のポイントは?

6/4、日本代表は W杯前の最後のテストマッチを行う。対戦相手はコートジボアールで90分+45分の変則マッチになるそうだ。

このゲームの1番の目的はカメルーン対策で、アフリカ勢特有の身体能力への適応ということになるのだろうが、さらに先日のイングランド戦で試した4-1-4-1(岡田監督的には4-1-2-3との事)システムの守備部分の再確認と、その時にはあまり出来なかった攻撃部分の調整が加わる。

守備部分については、ブロックでプレスをかけて奪うやり方が70分限定ではあったが、ある程度機能したので、今日のゲームでは90分やりきる事が出来るのかが注目される。

また、今日のゲームで「どのようにして点を奪うのか?」という部分で何かしらのアプローチを見せてくれる事に期待したい。
個の力でどうにかできるなら、それでも良いのだが、それほど突出した選手がいない日本だからこそ、個の力に頼るようなやり方ではなく、日本人の特徴を生かした、チームとしての戦略を見せてほしい。

今日のゲームによって、レギュラーとサブという立場が明確になり、マスコミはいろいろな事を言ってくるだろう。しかし選手は、全員でひとつのチームであり、全員に重要な役割があるのだという事を自覚してほしい。選手一人一人がリスペクトしあえるような、すばらしいキャリアの選手たちが集まっているのだから、自分たちも、私たちファンにも悔いの残らない大会にしてもらいたい。

ドイツの時のような終わり方だけはもうしたくない。
posted by Ryon at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

本田圭佑は優勝を目指す!

「実現できるかは正直わからないが、実現しようとするかどうかが大事。僕自身はベスト4ではなくて優勝を目指してもいいと思う」


日本代表のキーマンである本田圭佑は優勝を目指して戦う事を宣言した。

チーム力を考えた場合、それを現実的な目標とは思っていないだろうが、可能性が1%でもあればそこを目指すという、アスリートとしての姿勢としては良い事なのではないだろうか。

自分の能力を最大限に発揮したとしても達成困難な目標を掲げる日本代表だが、選手全員がこのような姿勢でいれば、可能性はほんのわずかでも上がっていくはずだ。そうやって、ありとあらゆる要素で0.001%でも勝てる可能性を見つけたら修正して、加えていき、あきらめないで最後まで戦ってほしい。そういう戦う姿勢が見ている人たちに希望を与えると思うから。


しかし、本田圭祐の存在は日本にとっての、強みでもあり弱みでもあるように感じられる。中田英寿を連想させる言動はチームの和という意味ではマイナスの部分もかなりありそうで。
ドイツの時のようにチーム崩壊なんて事にならなければ良いのだが・・・・
posted by Ryon at 18:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本代表2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

本日、日本代表23名決定

本日、南アフリカW杯の日本代表メンバー23名が決定します。
W杯を楽しむという意味でも、一応、自分も予想しておこうかなと思います。

自分の希望というよりも、岡田監督ならこう選ぶんじゃないか?という予想です。

【GK】:楢崎、川島、西川
【DF】:中澤、闘莉王、長友、内田、駒野、阿部
【MF】:中村(俊)、遠藤、長谷部、今野、本田、
     松井、中村(憲)、稲本、香川、石川
【FW】:岡崎、玉田、森本、田中(達)


少しMFが多すぎな気もしますが、岡田監督からの信頼が厚そうなメンバー中心に、お気に入りっぽい若手の香川と田中(達)を加えた23名と予想します。

個人的にはベテラン枠として、小野か小笠原がいた方がいいかなという気はしますが、岡田監督は選ばないような気がします。

さて、どうなるかな?
posted by Ryon at 08:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本代表2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

まだ希望はある


■解任論渦巻く岡田監督

2011年カタール・アジア杯最終予選、バーレーン戦(3月3日・豊田ス)に向けた代表メンバー20人が発表され、中村俊輔(エスパニョル)、本田圭佑(CSKAモスクワ)、森本貴幸(カターニア)など海外組5名が選ばれたが、東アジア選手権からFW平山(FC東京)が残り、MF小笠原(鹿島)は外れた。


東アジア選手権で惨敗した岡田監督としては、今後の試合はテストを重視しながらも結果も求められる苦しいものとなるだろう。

ある調査によれば、サポーターからの岡田監督解任を求める声は80%以上とも言われている。今週のサッカーマガジン、サッカーダイジェストなどにも岡田監督の是非を問う記事が特集で組まれており、サッカージャーナリストからも解任を求める厳しい声が結構聞かれた。

自分自身の考えとしては、もともと岡田監督を支持していないという事情もあるが、このタイミングであっても監督を替えたほうがチームが良くなる確率はいくらか高くなるのではないかと考えている。

実際にプレーをするのは選手であり、選手のがんばりが足りないという様な論調も一部では見られるが、しかし、その選手を選んでいるのが監督なのだから、やはり監督を替えることが一番の近道の様な気がするのだ。

岡田監督が今の「考え方」や「やり方」を変えたりしながらチームを調整してより良い方向に持っていくというのも理論上は可能かもしれないが、岡田監督の経験値以上のチームは出来ないという事を考えれば、岡田監督の成長を待つような今のやり方よりも、経験のある監督に替わる事の方が遥かに可能性がある様に思える。(それなりの監督が就任すれば、少なくとも今よりも期待感は上がるはず)


しかし、監督が変わる可能性が極めて低い現状で、どの様になれば日本代表は期待を持てるチームになるのだろうか?。

■海外組に望みを託す

岡田監督はバーレーン戦に向けて、ほとんどの海外組を召集した。しかし、この方法でチーム力は上がるだろうか?

個の力を考えれば、海外組は非常に魅力的ではある。しかし、現在の日本代表の戦い方として、守備面では全員がプレスをかけ続け体力を消耗、攻撃では数少ない戦術のひとつ「サイド攻撃」を除けば、選手のイマジネーション、コンビネーション頼みの現状では、多くの時間を一緒にすごせない海外組が、攻撃面で個の能力を発揮できる場面は極めて少ない様に思われる。

■チームリーダー待望論

また、現在のチームには苦しいときにチームを引っ張っていけるようなリーダーが不在なのもマイナスの様な気がする。

中村や遠藤など、ベテランと言われる中心選手は、能力ではチームを引っ張っていけるかもしれないが、ラモスや中田の様な絶対的なカリスマ性は持っていない。本当に苦しいときにチームを立て直せるような絶対的な存在感が足りない。

そういう意味では、小笠原の存在感は今の日本代表には必要なのではないかと思っていた。しかし、今回の選手選考をみれば、岡田監督があまり小笠原に期待していないことは明白だ。

岡田監督が現在期待しているのは「本田圭佑」であることは間違いないだろう。ここまでの日本代表では「中村俊輔」がチームの中心であり、中村を生かす事を最優先に考えた場合、本田とのマッチングが悪い事から、本田の能力を生かす方向で本田を試すことはしてこなかった。

しかし、現在の岡田監督は、日本代表を変える救世主を必要としており、その役目を託せる可能性がある唯一の選手が「本田圭佑」だと考えているのではないだろうか?。

欧州での実績や勢いを見れば、今の本田にはその資格があると思う。しかし、本田を生かせるチームを創るには今までの日本代表の常識をいくつか壊す必要がある。システム?戦術?、確かにそれらも微調整は必要だろう。しかし一番変えていかなければならないのは、選手の意識、特に中心選手である中村や遠藤の意識ではないだろうか。

加茂監督が率いた日本代表に中田が入ってきたとき、チームの中心選手だった名波や山口は、これからは中田中心のチームになるのだと理解したという。名波、山口だけでなくチーム全体が大人の対応が出来るチームだったとも語っていた。

中村、遠藤には名波、山口のような懐の深い大人な対応と、”チームを生かすための本田の生かし方”、そしてその為の自身の生き方を考えてもらいたい。

選手が変われば、まだ希望はある。


人気blogランキングへ
ブログパーツ
posted by Ryon at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

サッカー協会会長はブーイングの意味を考えよ(日本1−3韓国)

2010年 W杯のための大切な公式戦である「東アジア選手権」を岡田監督率いる日本代表は1勝1敗1分の3位で終えた。

東アジア選手権前のベネズエラ戦の引き分けも含めて、現在の岡田ジャパンを評価した場合、誰が見てもW杯でベスト4を目指すレベルではないと思うだろう。

岡田監督に言わせれば、シーズン前で調整がうまくいっていない・試合勘が戻っていないという理由でこの結果にもある程度納得している様だが、そこも含めてどうすれば勝てるのか考えるのが監督の仕事ではないのか?

仮にこの大会をW杯のためのテストマッチだと割り切っており、勝利が絶対ではないと思っていたのであればまだ救いがある。しかし、小笠原、平山などの新戦力は、W杯本番で使う事を想定して試したとは到底思えない采配だったし、今までも試されてこなかったCBのバックアッパー岩政も、闘莉王の退場が無ければ出場することは無かっただろう。

香港戦で出場した今野も、守備力が売りの選手なのにまったく攻めてこない香港相手で良さを出せず、評価を落とす結果となってしまったと思うし、良かったと思える点がほとんど見えてこない。

海外組がいない事を差し引いて考えても、まったくと言っていいほど進歩が見えないし、今後に期待できる点もまったく無い。

W杯まであと4ヶ月という時期であるという事を考えれば、監督を変える事をリスクと感じる気持ちもわからなくはないが、現在のチームの状況と、”世界で勝った事の無い監督”の「机上の理論」から、4ヵ月後の日本代表の状況を楽観的に予測できる人はどれだけいるだろうか?

あのブーイングを聞けば、日本代表を応援する多くのサッカーファンが、それほど楽天的ではないという事がわかるだろう。
日本サッカー協会の会長はブーイングの意味を真剣に考えるべきである。


人気blogランキングへ
ブログパーツ
posted by Ryon at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by RSSリスティング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。