2007年07月29日

積み上げたものと壊すべきもの 日本0(5PK6)0韓国



前日の30時間にも及ぶ移動のせいだろうか、それとも優勝を逃した脱力感からだろうか。宿敵韓国との3位決定戦はどこかフレンドリーマッチの様な雰囲気のゲームだった。

3位になれば、次回アジアカップ予選免除の資格が得られるという事だったが確かなモチベーションとはならなかった。

控え選手を使うのではないかという話もあったが、スターティングメンバーは、アジアカップ初戦のカタール戦とほぼ同じメンバーとなる4−2−3−1でスタートした。

このシステム・メンバー構成が意味するものが何なのか?ここまで戦ってきた主力メンバーへのリスペクトか、それとも今後の為の選手の見極め最終試験か?

ゲーム自体は、韓国が一人退場になった関係もあり、日本が圧倒的にボールを支配した。ここまでの他国との戦いでも同様の形は多く見られたが、その要因としてカウンター主体の対戦国が自陣に引いていた結果、日本はボールを回せた(回させられた)という事情がある。しかし、今回の対戦国である韓国は、一人少ないにも関わらず果敢に攻めていた。

日本の攻撃パターンの多くは、中盤でボールを動かしながらサイドに進出するSBにボールを集め、そこからのクロスから得点を狙うという形だった。この攻撃がチーム戦術として意図していたものなのかは判らないが、SBからのクロスの精度に問題があり、決定的なチャンスはあまり作れなかったように感じられた。

ゲーム終了後、加地は”疲れではなく選手の技術の問題”というコメントを残していたが、これは特に加地自身に当てはまるものではないだろうか。

左SBを努めた駒野も非常に多くの攻撃に絡み、多くのチャンスを作り出していたが、加地同様、クロスの精度に難があった。

大会得点王を狙う高原も、明らかに精細を欠いていた。圧倒的な存在感も大会が進むごとに薄れており、このゲームでは1トップというシステムのせいでもあるが、得点のにおいはしなかった。

チーム全体に停滞したムードがあり、ゲームの時間経過と共に消化試合の雰囲気に支配された感じがする。

途中交代で入った羽生は、ここまでの試合でも惜しい形を何度も作ってきたが決められないというジレンマがあり、このゲームでも自分なりに全力を出していたが、結果は出なかった。

最終的にはPKという形になったが、ここでもオーストラリア戦の様な緊張感は感じられず、GK川口からも鬼気迫るような気迫は感じられなかった。そういう意味では非常にリラックスしたムードがあり、PKを蹴った選手達は落ち着いたキックで成功を積み重ねていった。

ただ一人、羽生だけが他の選手とは違う思いでキックしていたが、得てしてそういう場面でPKは失敗してしまうものだ。

日本は韓国に敗れ、4位で大会を終了した。

オシムのコメントでは、日本は良いサッカーをしたという事になるらしい。私も大会全般を通してみても、日本が一番面白くて攻撃的なサッカーを展開していたと思う。最終結果の4位もこれがW杯予選であれば、W杯出場権獲得に値するので文句がでるようなものではないと思う。

しかし、なにか物足りない事も事実だ。

ここまで積み上げてきたものがあり、ある程度の結果もみえた。しかし、ここでもう一度壊さなければならない部分も見えてきた。

世界大会で結果を残したU20代表、その世代を吸収して進化していくU23代表、その先に新たなA代表の姿が見えてくる。

日本代表の更なる進化は別のところですでに始まっている。


人気blogランキングへ
ブログパーツ
posted by Ryon at 09:26| Comment(2) | TrackBack(3) | 日本代表2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

日本には川口がいる! 日本1(4PK3)1豪州



『私が「満足してはいけない」と言っているのは、それ以上進歩しないことになってしまうから、監督として満足してはいけないと申し上げた。しかし、本心とは別に、ここで「満足した」と申し上げようか? この会見を終わらせるためにはそうした方がいいかな(笑)。あるいは、私が(「満足した」と)言ったと記事を書いても構わない。』
【オーストラリア戦後 オシム談】

常に現状に満足しないオシム監督にしては珍しく選手に対する労い・感謝の気持ちに溢れるコメントだ。それほどこのオーストラリア戦での勝利が意味のあるものだったという事なのだろう。

環境などの外的要因を除いて考えれば、メンバーの経験や質において、現状でオーストラリアがアジア最強のチームの一つであることは疑いようのない事実だ。

実際日本は、W杯でこのオーストラリアに惨敗しているし、オシムの言い分が正しいとすれば、当時の日本代表はオーストラリアに確実に勝てるようなチームではなく、絶対勝てると思ってみていた人は期待しすぎていたという事になるらしい。

私もオーストラリアの実力は日本と互角か若干日本が上ではないかと思ってみていたので、当然あの敗戦にショックを受けたし、監督の経験不足を差し引いて考えても、中村の不調、中田とチームメイトの軋轢が無ければ(運が悪くなければ・・)勝てたはずのゲームだと信じていた。

しかし、この考え方は”コンディションが最高の状態ならば”という希望的な要素が多分に含まれている時点で正確な分析ではなく、オシムが言うところの”期待しすぎ”の状態だったという事なのだろう。

今回のアジアカップでの対戦においても、オシムの分析は変わらない。

『最も困難な試合だと思っている。アジアカップ全体の状況を客観的に見て、日本が対戦する可能性のある相手の中でも、最も困難な相手だ。』
【オーストラリア戦前日 オシム談】


しかし、W杯の教訓がありながら、私はまたしても日本有利と考えていた。その理由として、アジアの高温多湿の環境にオーストラリアは適応できていないのではないか?という点。移動によるコンディション調整の難しさ。そしてグループリーグでの両チームの内容の差だ。

アジアカップで勝利すれば、W杯での惨敗が帳消しになるとは思えないが、日本有利と思われる条件が多数ある今回の戦いでは、ハッキリとした差を感じさせる戦いを期待していた。

しかし、またしてもオシムの言葉は正しかった。

私が日本有利と考えた試合は、90分では決着が着かず(1−1)、PKまでもつれ込んでしまった。

日本は今回もセットプレーからの失点を喫してしまい、成長がないと感じさせる部分もあったが、しかし、高原という絶対的なエースの存在により、このゲームを振り出しに戻す事に成功した。
このアジアという枠の中では、オーストラリアと日本は互角なのだと言う事をまずは証明した。

同点のまま延長戦を終え、PK戦になった時点で勝敗は運に委ねられたとオーストラリアは思っていただろう。しかし、日本のGKが川口である以上、日本の選手達は勝利をイメージ出来たのではないだろうか。

ここまで何度と無く日本のピンチを救ってきた守護神は、ここでもその力を惜しげもなく見せつけた。

最後に勝利を引き寄せたのは、前回のアジアカップで奇跡的なセーブを連発しチームを優勝に導いた、そしてW杯オーストラリア戦で致命的なミスにより同点ゴールを許し悔しい思いをしたGK川口だった。

日本には川口がいる。アジアにおいてこれは素晴らしいアドバンテージだ。


人気blogランキングへ
ブログパーツ
posted by Ryon at 22:48| Comment(2) | TrackBack(4) | 日本代表2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

決勝トーナメントへ 日本4−1ベトナム



アジア・カップを戦う日本代表は、1次リーグB組最終戦でベトナムに4−1で勝利し、B組1位でベスト8進出を決めた。

予想外(というとオシムは怒るかもしれないが)の引き分けで始まった1次リーグも、終わってみれば2勝1分け、グループ1位という大方の予想通りの結果で終わった。

個々の技術やチームの完成度ではやはり日本が頭一つ抜けている印象だったが、一番の強敵はやはり気候だった。

ただ、気候に関しては日本だけが不利というわけではないので、試合結果を覆すほどの影響は今のところ無い。だが、日本が目指している”人もボールも動くサッカー”を長い時間行うのはほぼ不可能な状況なので、ここでは美しいサッカーよりも、より確実で現実的なサッカーを選択しているという事が良くわかる。

ここまでのゲーム内容をみると、ジーコ時代の財産が生きている様に感じられる。ボールポゼッションを高め、チャンスを待ち、そしてタイミング良く攻撃する。これが、前回のアジアカップを戦い抜いた際の経験なのだろう。

この効率サッカーに、オシム以降に身につけたダイレクトパスでワイドにスピーディに攻める攻撃が加わったのが2007年アジアカップバージョンの日本代表だ。

得点力はジーコ時代より確実に上がっていると思う。

全体的に見ればうまくいっている様に見える日本代表だが、失点を0に出来ないところがマイナス点だろうか。

このチームの中では比較的経験の浅い選手に、簡単なミスや集中力の欠如が若干見られるのが不安材料ではある。

これから先の戦いでは、ミスをしたチームから脱落していく事になるだろう。暑くて大変だと思うが、まずは集中力を切らさない事が大切だ。

アジアの戦いではサッカーの質を向上させる事は無いかもしれないが、精神力は確実に上げてくれそうだ。精神力が世界で勝つためにどの程度必要なのかは計りかねるが、少なくてもW杯予選を勝つための絶対条件だと思う。

オシムジャパンは間違いなく成長している。


人気blogランキングへ
ブログパーツ
posted by Ryon at 22:41| Comment(4) | TrackBack(4) | 日本代表2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

仕方がないと思うべきか・・ 日本3−1UAE



アジアカップ第2戦となる日本対UAE戦が行われ、日本は3−1で勝利した。その結果日本はグループBの首位に立った。


得点を見ればまずまずの結果なのだが、何かモヤモヤした気分にさせられるゲームだった。

日本は序盤からボールを支配し、ほとんどUAEにゲームをさせなかった。ゲームプランとしては、日本がボールを動かして、相手を走らせて消耗させるという感じだと思うのだが、かなりうまくいっていた。

日本の技術は相手を確実に上回っており、安心して見ていられた。また、チャンスとみればダイレクトにパスを繋ぎ、相手守備陣を脅かしていたし、全体的なモチベーションもかなり高い様に見えた。

このゲームで特に目立ったのはマンオブザマッチに選ばれた遠藤の攻撃的な姿勢と、高原の確かな技術だ。

2点を取った高原は別格の存在感を見せた。ゴール前での落ち着きは今までのどの日本人FWよりも優れており、高原に変わる存在が無いとさえ思わせるものだ。

そして、遠藤は今までのバランサー的な役回りから、シュートも打てる攻撃的MFという選手に変わっていた。

前回のカタール戦では、4−2−3−1の3に配置された遠藤・中村(俊)の攻撃的姿勢が足りない事が、効果的な攻撃の形が出来ない要因のひとつだと思っていたので、今回の遠藤の意識の変化は喜ばしい事だと感じる。
もう少し中村(俊)もペナルティエリアに入っていくような攻撃が出来れば良いのだが、今回は2トップだったので、後ろからゲームを組み立てるような役回りを選んだのかもしれない。

前半だけを見れば、かなり良いサッカーだったと言えるのだが、後半が悪すぎた。一人少ない相手に得点を許してしまい、日本は追加点を奪えなかった。

あの高温多湿の環境では、3点差を守るサッカーでも良かったとは思うが、追加点が取れないのであればせめて守って3−0で終わるべきだった。3−0が3−1に変わっても大きな違いは無いのかもしれないが、もう少しがむしゃらにプレーしていたらこんな失点は無かったのではないだろうか。

ケガをしない様にとか、次の試合のために体力を温存するだとか理由は沢山あるのだろうが、相手が一人少ないあの状況であれば、集中してプレーするだけでもその全てを達成する事が出来たのではないだろうか。

U20の直向きな、全力で戦うサッカーを見た直後だけに、A代表のサッカーが不満に感じられる。しかし、アジアの戦いではこれも仕方がない事なのだろうか?


人気blogランキングへ
ブログパーツ
posted by Ryon at 22:33| Comment(2) | TrackBack(1) | 日本代表2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

サッカーの美しさを教えてくれたU20日本代表



彼らの最後のゲームが終わった。
決勝トーナメント1回戦、強豪チェコを相手に一時は2対0とリードしながらも、最後はPK戦で敗れ、日本はベスト16でカナダの地を去ることとなった。

勝っていてもおかしくない試合だった。しかし勝つことは出来なかった。その差はいったい何だったのか?

私は、サッカーにおける両国の歴史の差なのではないかと感じている。

選手個人の経験の差というよりも、それぞれの国の代表が戦ってきた歴史の積み重ねにより、チェコは2点負けている状況をひっくり返せるだけの経験をたくさん積んできているのではないかと感じたのだ。

後半30分まで日本が2点リードしていたのは決して偶然ではない。日本は確かにチェコよりも良いサッカーをしていた。日本のスピードはチェコよりも速く、技術もアイデアもよかった、運動量も豊富で相手に自由を与えなかった。しかし、チェコは最後まで落ち着いていたし、”日本に追いつける”というイメージを持ち続けていた様に見えた。

チェコが最後に拠り所としたのは、日本人との体格の差だったかもしれない。しかし、日本はその体格差に勝つための武器を持っており、途中までは確かにその武器で相手を押さえていた。では、なぜ最後まで押さえきれなかったのか?。
チェコは自分たちの武器の生かし方、使いどころ、威力を良く理解して使いこなしていたからだ。この辺りがチェコという国が長い歴史の中で蓄積してきた経験なのだろう。

今回のPKによる2点献上や、A代表アジアカップカタール戦での得点に繋がったファールなど、こういう苦い経験を積み重ねて初めて日本代表の経験となり蓄積され歴史となっていくのではないだろうか。

戦術論花ざかりの現在、少しばかりロマンティックな話を書いてしまい、読んだ人には呆れられているかもしれないが、どうしても戦術や技術というリアルな差で負けたとは言いたくないほど、このチームのサッカーは美しかったし、また選手一人一人の直向きさや、みんなを思いやる気持ちにはサッカーを越えた美しさがあった。

最後に泣きながらスタンドに挨拶をしている彼ら。客席からスタンディングオベーションで迎えてくれた現地の人達。そして、美しいカナダの夕暮れの風景。

勝利だけがサッカーの美しさではないと、あらためて感じられた瞬間だった。


人気blogランキングへ
ブログパーツ
posted by Ryon at 22:29| Comment(4) | TrackBack(3) | 日本代表2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

W杯予選の糧に 日本1−1カタール



■アジアカップ開幕

インドネシア、マレーシア、タイ、ベトナムの東南アジア4カ国共同開催によるアジアカップ2007が始まった。

オシム監督になって初めての真剣勝負の場であり、日本にとっては3連覇のかかる大事な大会である。

オシムジャパンの実力がどの程度なのか?他国の実力はどうなのか?
それらを計るには都合の良い大会だ。

私は、結果より内容を重視するべき、と以前書いたが、しかし日本が優勝できる可能性が無いとは思っていない。
当然他国との力関係により、結果は変わってくるものだが、他の強国より力が劣るという事はないのではないか?と感じていた。

こんな事を言うと、ドイツW杯前のジーコジャパンに対して楽観的な事を言っていた頃を思い出し、恥ずかしくもなるのだが、それでもこれまでの日本代表の経過から、他国より強化が遅れているとは感じられないのだ。

しかし、この大会では気候やピッチコンディションなどもかなり重要な要素だと思われ、直前までJリーグを戦っていた選手が多い日本にとってはコンディション的に厳しい大会になる事は間違いない。


■他国の状態は?

日本対カタールの前日に行われた、UAE対ベトナムのゲームを少しだけ見た。

この2チームは予選リーグで日本と同組みになっており、日本が倒すべきチームである。
私は、カタール・UAE・ベトナムの中で特にUAEに注目していた。その理由は監督が2002年W杯でセネガルを率いていたあのブルーノ・メツだからである。

あの時のセネガルの印象は今でも強烈に残っており。忘れることが出来ない。

しかし、UAE対ベトナムの勝者はこのグループで最弱だと思われていたベトナムだった。

UAEはコンディションが良くないのか、あまり運動量のないチームだった。それに引き替え、ベトナムは非常に良く動くチームでなかなか良いチームだと感じた。

運動量で上回るベトナムがUAEに勝った事は、日本にとってはポジティブな事だろう。

また、スポーツニュースで少し見ただけだが、オーストラリアがオマーンに苦戦していた(結果は1−1引き分け)。これは高温多湿の環境にうまく対応できていないからではないかと思うのだが、そういう意味でオーストラリアも絶対的な存在では無いという事だろう。


■経験不足を露呈

さて、カタールと戦った日本代表だが、結果は1−1の引き分けだった。

前半はスタミナを温存する為なのか、あまり運動量が無くボールは動くが人が動かない省エネサッカーだった。

芝生が長めのようで、あまりボールが走らない様だったが、それにしてもスピード感の無い低調な内容だった。

しかし、後半にはいると状況は一変し日本が圧倒的にボールを支配した。パスもワンタッチで繋がる様になり、人の動きも活発で連動性の高いものに変わっていた。

日本の技術はカタール・UAE・ベトナムよりも一段高いと確信したが、しかし高原のゴールでリードした後、ゲーム終了間際の阿部のファールからのFKによりカタールに得点を許し、結果1−1の引き分けという結果になった。

ゲーム終了間際、羽生が打ったシュートが入っていれば逆転だったが、残念ながら決めることが出来なかった。かなり決定的なシーンだっただけに非常に悔やまれるシーンだった。


全体的にみれば、非常に日本らしい攻撃が随所に出た好ゲームだった。しかし、阿部のファールのシーン、FKの壁の作り方、羽生のシュートシーンなど、落ち着いて対処すれば、今回のような結果にはならなかったのではないかという気がする。

このワンプレーだけで責めるのは酷ではあるが、オシムチルドレンと呼ばれる阿部・羽生の国際経験の不足が今回の結果の要因の一つであると 感じた。

幸い敗戦という最悪の結果は免れたので、この経験を今後の糧にしていってもらいたい。W杯予選ではもっと過酷な状況が待っているはずだから。



人気blogランキングへ
ブログパーツ
posted by Ryon at 23:52| Comment(7) | TrackBack(3) | 日本代表2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by RSSリスティング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。